上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.04 初夢
【初夢】


「ほらっヒチョル起きなさいっ」

ん?

母さんの声がする・・・・

「こら~っ!!!!!!今日は何の日か分かってんの?遅刻よっ」

姉ちゃん???????

ぼんやりしていると突然頭を殴られる・・・・


「痛って~っ・・・姉ちゃん何すんだよ・・・頭と顔は事務所的NGだからなっ」

俺は殴られた頭を押さえながら・・・しぶしぶ起きる・・・

ん?

ここは江原道の実家?

ぼんやりしたまま手をひかれ車に乗せられた・・・・


「運転手さん急いで下さい!!!!!!遅刻しちゃうから」

遅刻??????

俺は何だか分からないまま母親と姉に拉致られて車で移動している・・・


どこへ???????


「着いた~ヒチョルここから走るわよっ」

「ちょっと待って・・・どこに行くの????何なのいったい????」

姉に無理やり手をひかれて走る俺・・・・

気付くとどこかの建物の中にいる


「キム・ヒチョル様お待ちしておりました」

営業スマイルの中年女性が出迎える中

俺達は部屋に通された


「ねえ・・・姉ちゃん・・・ここどこ?  今日なんかあんの?」

姉のヒジンは目を大きく見開いて、呆れたように言った

「あんた!!!!!まさか自分の結婚式を忘れたんじゃないでしょうねっ!!!!!」


ええええええええっ??????????

けっ・・・結婚式・・・俺の??????????

何それ・・・・知らない・・・・


茫然としている中

母親と姉とで係の人達と打ち合わせをしている

俺はスタッフの人達に無理やり着ているものを脱がされて

上半身裸にされた・・・・

あわてて胸を隠す俺に対して母親は・・・


「せっかくの美しいドレス姿を完ぺきにするために

ハリウッドから特殊メイクの方をお願いしたから・・・ちょっと違和感あるけど

美しさのためだから我慢しなさい・・・ヒチョル分かってるわよね」と

凄みのある笑顔で俺に言った


ハリウッド?????特殊メイク?????なんだそれ?????


俺は抵抗するすべもなく・・・なされるままになっていた・・・・


いつ俺のサイズを測ったのか知らないが

俺にぴったりの作りもののバストがいつの間にか置いてある・・・

これ・・・ハリウッド技術って・・・こいつ?????

バストを装着されて肩の開いたドレスを着せられる・・・・

胸の谷間が少し見えて・・・全く違和感がない・・・最初から俺の胸のように溶け込んでいる


「ヒチョルはデコルテ(鎖骨)が美しいから、やっぱりその肩のあいたドレスが似合うわね~」

母親が満足そうに俺を見つめながら呟いた

「それにしても本当に自然な胸だわね・・・私はいらないけどさ」

姉も作りもののバストの自然さに驚きながら眺めている


化粧をされ・・・こちらは俺の美貌のおかげでほとんどいじる事もなく

ナチュラルメイクで十分に美しくなった・・・

髪の毛は短いのでウイッグを着用したが、あっという間に美しい花嫁が出来上がった


「これ・・・が・・俺?????」

今まで番組などで女装をする機会は多かったけれど

今回は女性と同じ胸のふくらみもあり純白のウェディングドレスを来ている自分に

思わず見とれてしまった・・・・本当に俺・・綺麗だ・・・



「きゃ~ヒチョル君ほんとうに綺麗だわ~」

「女として悔しいっ」

気付くと周囲にヒョクやギュやジョンスの姉さん達が俺を囲んでいる

「お色直しはどのドレスなの????」

「きゃ~私が着たいくらい素敵~」

姉さん達はドレスに夢中になって騒いでいる・・・


「ヒチョル~悔しいけどアンタ今日は女神さまのように綺麗だよ」

いつの間にか俺の横にソン・ダンビがいて俺を褒めた


「げーお前からそんな言葉聞くなんて・・・今日は大雪降るんじゃねぇ~?」

「ヒチョル~あまりにも美しすぎてアンチは叩く事できないね」

 BOAもニコニコしながら俺の顔を見つめている

「ヒチョルあっぱー綺麗です~」

ソルリが泣きながら俺に言った

「俺いつからお前の『あっぱ』になったんだ?」 *『あっぱ』はパパの事

気付くと俺の女友達が俺の周囲を囲んで口ぐちにドレス姿を褒めてくれている


なんか気分が良くなってきた

俺の結婚式だって言ってたな・・・みんな俺の式に出席してくれるって事か?


「ヒチョル兄さん・・・支度できましたか?」

ホンギが控室の扉を開けた

「うわぁ~っ・・・・・兄さん・・・綺麗です・・・」


俺の姿を見てホンギは泣きだした

「お前・・・なんで泣くんだよ」

「だって・・・・俺の兄さんが・・・今日で花婿さんのものになっちゃうから

もう俺と遊んでくれないのかと思ったら・・・それにあまりにも綺麗だし」

言ってる事が良く分かんね~奴だな・・・

「結婚したって・・・ホンギは俺の弟だからな・・・泣くな」

「ヒチョル兄さん~花婿さんが外で待ってますよ」

リョウクが俺を呼びに来た・・・・

「きゃあ~」

俺の姿を見たリョウクも「綺麗です・・・ドレス似合ってます・・・

兄さん・・・良かったね・・・」とボロボロ泣きだす・・・

「リョウガ・・・ありがと・・・お前のおかげだよ」

リョウクの頭をなでると外へ出た


あれ???

ここは・・・・見た事ある場所・・・

昔写真集を撮りに来た・・・マレーシア・・・そこの教会だ・・・


教会の前によく知っている人物が立っている

ああ・・・

ハンギョン・・・・


俺の・・・愛する人・・・


ハンギョンは俺に気付くとニッコリ微笑んで両手を広げる


俺はドレスの裾を持ってハンギョンに向かって走り出す・・・


ハンギョンは俺を抱きしめると

「ヒチョル・・・綺麗だよ・・・俺の花嫁さん・・愛している・・もう離さない」


ああ・・・幸せだ・・・ハンギョンと結婚するんだ・・・

みんな俺達を祝ってくれているんだ・・・


ハンギョン・・・愛している・・・一生離れないから・・・



***********************************************************************


「あれ? ヒチョルこんなトコで寝ている・・・風邪ひくわよ」

実家のリビングのソファーで眠ってしまったヒチョルを見つけて母親は言った


「ヒチョルの顔・・・何このヘラヘラ顔・・よだれたれてるし

すっごい間抜けな顔して寝てるけど・・・夢でも見てんのかしら」

姉のヒジンの言葉に母親はクスクスと笑って

「この顔はたぶん・・・・すごく幸せな夢だわね・・・今日みる夢は『初夢』だから

よかったわね・・・きっとその夢は叶うわよ・・・ヒチョル・・・・」

母親はそう言うと毛布をヒチョルに優しくかけた





スポンサーサイト
*【初夢】を読んでからこちらをお読みになってください


【初夢~ハンギョンside~】


「ハンギョン・・・もう支度すんだ?」

イトゥクがドアをノックしながら聞いてくる



あれ? ここはドコだ?

目の前に等身大の鏡があって俺は自分の姿を見る・・・

タキシード姿に胸に花を刺している・・・・・

なんで・・・こんな服きてるんだ????


「ハンギョン兄さん♪カッコイイ~」

ソンミンが俺の姿を褒めてくれた

気付くとスーパージュニアのメンバーが部屋に入ってくる

みんな正装している・・・・・・


そして俺は落ち着きなくソワソワと部屋の中をぐるぐる歩いている・・・

なんでだ????????


「それにしてもハンギョン兄さん凄いよな~俺・・・尊敬するよ」

カンインがしみじみと呟くと

「あのヒチョルがぞっこんだからな・・・」イトゥクもしみじみと言う・・・


「でもまさか結婚するとは・・・本当に兄さんすごい」

ドンヘが感嘆しながら俺の顔を見つめて呟いた・・・・


俺・・・・結婚?????? ヒチョルと?????????

だからタキシード着てるのか・・・・・・


なんかよく分からないけど・・・どうやら俺とヒチョルの結婚式らしい

メンバーみんなが出席してくれるようだ


ヒチョルと結婚・・・と意識したとたんに顔が緩んでしまった

すかさずウニョクが

「ハンギョン兄さん・・・鼻の下・・伸びている・・伸びてる」

みんなが一斉に俺の顔を見て大笑いする

あーあ・・・今日は一日間の抜けた顔なんだろうな・・・俺・・・


そんな中ソンミンとリョウクが2人で耳打ちをし合っている

ん?

俺は不思議そうに2人を見つめると・・・

リョウクがおずおずと俺に向かって

「ハンギョン兄さん・・・僕たちヒチョル兄さんの控室に行ってもいいですか?」

え?

「ヒチョル兄さんのドレス見たいんです~」ソンミンがキラキラした瞳で俺に訴える


「ソンミナにリョウガ・・・ドレスね・・・・」イトゥクはため息まじりに呟いた

「うん・・・ヒチョルの側にいてあげて」俺が2人に言うと

2人は大喜びで外に出て行った



「みんな・・・今までありがとう・・・俺・・本当にみんなに感謝している

特に・・・俺が帰国した後・・・ヒチョルを支えてくれて・・・・」

俺はメンバーに向かって深々と頭を下げた

ヒチョルが鬱になりかけた時・・・俺は近くにいられなくて何もできなかった

メンバーが支えてくれたからヒチョルは立ち直る事ができた・・・・


「うん・・・ヒチョル兄さんはあれから人間的にもっと魅力的になったよ・・・

俺なんか・・・やっと本音で付き合ってもらえるようになったし」

ウニョクが瞳をうるうるしながら俺にむかって言うと

「ハンギョン兄さんだから・・ヒチョル兄さんを渡すんだからねっ・・・

絶対に泣かせたら・・・俺・・・いや俺達許さないから」

ドンヘも俺に向かって言った


ヒチョル・・・お前・・・本当にみんなに愛されているんだな・・・・


「そろそろ花嫁さんも支度できたんじゃない?」シンドンが笑顔でそういうと

「ほらほら花婿さん・・・早く迎えに行かないと・・・花嫁さんキレちゃうよ・・キレたら怖いよ~」

キュヒョンが笑いながら扉を開けてくれた


外に出ると・・・見た事ある風景だった・・・ここは?


ああ・・・写真集を撮りに行った場所だ・・・懐かしいなあの教会・・・


俺が教会の前に立っていると


綺麗なウェディングドレスの人物が立っているのが見えた


ああ・・あれは・・・

ヒチョル・・・・


俺の最愛の人・・・・


「ヒチョル・・・おいで・・・・」

俺が両手を広げて微笑むと

ドレスのすそを掴んでヒチョルが全力で走ってくる


ば・・ばか・・・転んだらどうするんだ・・・俺はすごく心配になったが

ヒチョルは泣きそうな顔をして走ってきて俺の胸に飛び込んだ


胸に飛び込んできたヒチョルを強く抱きしめると

「ヒチョル・・綺麗だよ・・俺の花嫁さん・・もう離さない」と俺は囁いた


ヒチョルは花のような笑顔を俺に向けると

「ハンギョン・・・俺の・・・ハンギョン・・・」


ああ・・・・ヒチョルは俺のものになるんだ・・・俺達は結婚するんだ・・

幸せすぎておかしくなりそうだ・・・・

絶対に幸せにするから・・・2人でいつまでも一緒にいよう・・・・






*************************************************************



ハンギョンは年末年始にテレビ出演が続いて超多忙だった・・・

今日の収録も日付が変ってしまっている・・・

マネージャーがテレビ局の控室で、ぐっすり眠っているハンギョンを見つけた

「あれ? ハンクン・・・いつの間にか寝てる・・・」


よく見ると顔がニヤけている・・・・


「この顔は・・・・どうせ・・・キム・ヒチョルの夢でも見てるんだろうな」

ため息をひとつつくと


「ハンクン・・・今日見る夢は「初夢」だね・・・今年もいい事がたくさんあるように」

スタンバイまで少し時間があるから・・・と

マネージャーはハンギョンの夢を邪魔しないように・・・そっと控室を後にした








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。