上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【パールサファイアの夜 Ⅱ】~見習い~


「ここか・・・」

キボムは手にした地図を見ながら

ホストクラブ「パールサファイア」の前に茫然とたたずんでいた


数時間前・・・



「つまりね・・・今のあなたじゃダメって言う事なの」

突然事務所に呼び出されたキボムは

ギュリに突然ダメと言われて面食らっていた


キム・キボム

最近売り出し中の若手俳優

主人公の恋敵の役など準主役の役が付き始めてきていて

雑誌などでもちょこちょこインタビューされるまでになっていた


そんな彼が突然ダメ出しを受けたのだ

キボムが不満な顔をしていたのだろう

ギュリがもう一度キボムの目を見つめて言った

「局のプロデューサーから話し来たんだけど・・・・

今までの貴方がやってきた国民の弟的なイメージを

ぶっ壊すような・・・そんなイメチェンを期待しているって」


「イメチェン・・・ですか?」

キボムは今まで「爽やか好青年」の役が多く

それが評判を得ていて「国民の弟」などと呼ばれたりしていた


「とりあえず、今までの固定観念をぶっ壊すつもりで・・・

ここに体験しに行ってきて・・・一応二週間って話つけてあるから」

ギュリからの有無を言わせない一方的な通達に

キボムは口を開けたままギュリの顔を見つめていた


ギュリはその美しい顔に笑みを浮かべ、キボムに紙を手渡す

ホストクラブ「パールサファイア」への地図だった




「はあ・・・・」

キボムは教えられた店に着いたが、

入る勇気が持てずにずっとたたずんでいたのだった

店を眺めてはため息ばかりが出る







「ハンギョン~なんか俺・・声が変だ・・」

「あたり前だろう? あんだけ歌いまくってたら声潰れるぞ」

ヒチョルがハンギョンの腕に自分の腕を絡めながら楽しそうに歩いている

最近ずっと「同伴ゴッコ」が楽しくて、

今日も2人は出勤前にカラオケで遊んでいた


「今日はロックな日だ~」とヒチョルは突然言い出して

今日は皮ジャンに皮の細身のパンツをはいて、

すっかりロックアーティストの気分に浸っている

皮ジャンを着ていても女の子が男装をしているように見えた


「ヒチョル・・・一応客商売なんだから・・歌いすぎて声枯らしたなんて・・

そんな事支配人には言うなよ」

ハンギョンが苦笑しながらヒチョルを見つめる

もう愛おしくて仕方ない顔で、目じりは下がりっぱなしだ


「あれ? ハンギョン!!!!店の前に誰か立ってるよ」

ヒチョルが突然ハンギョンの腕を引っ張って言った

「ん? 本当だ・・・誰だ? バイトの応募かな?」

ハンギョンは興味深げにその人物を見つめる




「おいっ・・お前こんなとこで何してんの?」

突然声をかけられたキボムはビックリして振り向いた

そこにはロックアーティストのような風貌の美少女と

仕立ての良いスーツをさらりと着こなしたサラリーマン風の男性が立っている


あまりにもミスマッチな2人が仲良く腕を組んで自分を見ていた


「あの・・・ホストクラブに用事があって・・・」

「バイトの応募? 案内するよ」

ハンギョンが笑顔で答えると、キボムの緊張が解けた・・・



「お前・・バイト希望?」

(なんだ・・この子・・口悪いし・・・でもこの声って・・男の子?)

キボムはビックリしてヒチョルの顔をまじまじと見つめた

ヒチョルはニヤリと笑い

「俺・・ここのナンバー1だから・・ヨロシク♪

で・・こいつはナンバー2だから覚えてね~」と言い放つと

さっさと扉をあけて店に入って行った


キボムはこれから自分を待ちうける2週間を考えると

気が重くなってくる

気持ちに比例して重くなっている足取りでようやく店の中に入って行った
スポンサーサイト
【パールサファイアの夜 Ⅱ】~見習い 2~


「・・・という訳で キボムは2週間ここでホスト見習いをします」

支配人のカンタが開店前のミーティングでみんなの前で告げた

黙って聞いていたホスト達は、

あのギュリの一存で、ここに送り込まれてきたキボムを

興味津々で見つめていた


キボムは居心地の悪そうな表情で店の隅で小さくなっている

「とりあえずリョウクとギュヒョン・・仕事を教えてやってくれ」

「はーい」リョウクはキボムの横にきて

「僕がリョウクです・・・ヨロシクお願いします」と笑顔で挨拶をする

「お願いします・・・」キボムが営業スマイルで答えると

「僕・・・根の腐った木・・見てました・・・ファンです」と

リョウクは小さく囁くと、恥ずかしそうにバックヤードに走り去った

キボムは意外な場所で自分のファンにあって、少し嬉しくなって

リョウクの後ろ姿に微笑んでいた


その後、昨日の売り上げ順位の発表があり

キボムはパールサファイアのホストの位置づけが分かるようで

興味深くその話を聞いていた


「1位はヒチョル・・・」

名前が呼ばれると白いスーツを着ているヒチョルが立ちあがった


え?

キボムはさっき店の前で会った

ロックアーティスト風の美少女と

同一人物とはすぐには分からなかった


ヒチョルがキボムの方をみてニヤリと笑ったので

その笑顔をみて、ようやく店の前で会った人物と同じだと分かったのだった



「さあ・・今日も1日頑張って下さい」

パンパンとカンタが手を鳴らすと、ホスト達はそれぞれの持ち場に散って行った


「キボムさん・・・俺ギュヒョンです」

おっとりした顔の青年がキボムの元にやってきて挨拶をした

「俺・・・一番下っ端なので・・・一緒に仕事やっていきましょう」

「ああ・・・よろしくお願いします・・それからキボムでいいから」

ギュヒョンはニコッと笑い

「じゃあ・・・キボム・・今日も1日頑張ろう」と握手をしてきた




これからどんな1日が過ぎるのか

キボムは不安で胸が押しつぶされそうになっていたが

そんな顔はおくびにも出さず

国民の弟と呼ばれる笑顔を作り

ギュヒョンの後をついてバックヤードに向かっていった
【パールサファイアの夜 Ⅱ】~見習い 3~


「とりあえず今日は、飲み物や食べ物を運ぶ仕事をして

ホストクラブがどういう所かを見て下さいね・・・

僕かギュヒョンが近くにいるようにするので、

分からない事は聞いて下さい」

リョウクがバックヤードのキッチンでキボムに説明をしている

店は開店して、すぐに女性客で満席となっていた

キボムは初めての事だらけで、かなり緊張していたが

今日はウエイターまがいの仕事だと聞いて、少し肩の力が抜けるのを感じた


「あの・・・ヒチョルさんって・・女装が趣味なんですか?」

キボムがおずおずと尋ねる

「なんで?」

「今日・・店の前で会って・・ハンギョンさんと腕組んでいた可愛い子が

ヒチョルさんだったので・・・」


クククククク

ギュヒョンが突然笑いだす

キボムが不思議そうにギュヒョンを見つめると

「今ね~あの2人は『同伴ゴッコ』がブームなんだよ

だからヒチョル兄さんは女性客のふりしてデートしてるんだ」

ギュヒョンの説明に、キボムは訳が分からないという顔をしている

リョウクが見かねてキボムに説明をした

「あのね・・・あの2人は隠さないから教えてあげるけど

ヒチョル兄さんとハンギョン兄さんは恋人同士だよ

ヒチョル兄さんは女装家ではないけど、昼間堂々と外でいちゃつけるって

最近女装している・・・」

そこまで言って

「もう今では女装が趣味になってるかも・・・」と笑った


「え? ナンバー1とナンバー2が・・・付き合ってるって・・」キボムが驚いてリョウクを見る

「この2週間見てればわかるよ・・さあ仕事仕事!!!!」





キボムは指名ホスト達の接客をバックヤードから見ていた

みんな個性的で、自分が思い描いていたホストと全く違う・・と

新鮮な驚きを感じていた

特にヒチョルの接客は「ツンデレ接客」と言われているだけあって

見ていてビックリする内容だった

つき放したり、笑顔で甘えてみたり・・・

ころころと変わる表情や態度に、客は翻弄される

それに反してハンギョンは接客中なのに「愛想笑い」すらしない

それでも客はハンギョンにいろいろ話をしている

別のテーブルではシンドンが話術で客を笑わせていた



リョウクが支配人に呼ばれて戻ってきた

「ギュ・・ヒチョル兄さんにVIP入ったから・・

僕ヘルプに入るので・・後お願いね・・・」

そう言い残すとヒチョルのテープルに向かった


「ギュヒョン・・・VIPって何?」

キボムがギュヒョンに尋ねると

ギュヒョンは顔をしかめ

「俺の口からは、VIPの人達を接客するとしか言えない・・ごめん」

と言葉を濁した



リョウクに耳打ちされて、ヒチョルがバックヤードに戻ってくる

ヒチョルの姿を追いかけてハンギョンも戻ってきた

ヒチョルがVIPルームに向かう時にハンギョンとすれ違う


「あっ・・・」

その様子をみていたキボムは、

2人がすれ違うほんの数秒の間の出来事に目を奪われた



ハンギョンがヒチョルに向かって微笑む

どんな女性でも虜にしてしまうような甘美な微笑みで

ヒチョルを見つめる

ヒチョルはハンギョンとは目を合わさず通り過ぎる・・・

2人がすれ違う時にヒチョルがハンギョンの手を握った

2人の手が別の生き物のように絡み合う

そして2人の手が名残惜しそうに離れると

ヒチョルは自分の後ろにいるハンギョンに向かって無言で手を振って

そのままVIPルームに向かった

残されたハンギョンは辛そうな顔をして後ろ姿を見つめている・・・・



(なんか・・・映画のワンシーンのようだ・・・それにしてもVIP接待って何なんだろう)

キボムが黙ってハンギョンを見つめていると

リョウクが後ろからきて

「今日は・・・薔薇社長だから・・しんどいなぁ・・」と呟きながら

ヒチョルの後を追っていった


気付くとハンギョンは自分のテーブルにもどり

自分の指名客の相手をしている



残されたキボムは「ドラマよりもドラマチックな現実」という

何かのキャッチフレーズを思い出していた


(ギュリ専務が、僕をここに送り出した意味が

何となく分かってきました・・・)

キボムは笑顔を作ると頼まれていたフルーツの盛り合わせをもって

店に出ていった
【パールサファイアの夜 Ⅱ】~見習い 4~


「今日は金曜日だから・・やっぱ混むねぇ・・・」

シンドンがバックヤードに戻ってきてキボムに声をかけた

「シンドンさんがこの店で働いているなんて・・知りませんでした」

キボムは水のボトルをシンドンに渡しながら返事をする

「うん・・・バイトしてるって言ったけどホストしてるって言ってないもん」

人懐っこい笑顔で答えながら

「僕がホストしているって言っても誰も信用しないでしょ」と楽しそうに笑った


シンドンはフリーターの時にこの店の急募チラシをみてホストを始めた

本当は芸人になる夢がある・・・面接の時にギュリに言った・・・

ギュリはイケメンではないシンドンに固定客がついた理由に気付き

彼の本来の夢のために芸能事務所から芸人として売り出してくれた

キボムとは最近バラエティ番組で共演していて、

同じ事務所と言う事で交流も少しあった


「しかし・・・ギュリさんも有無を言わせない迫力・・すごいよな

あれじゃいくら美人でも・・・彼氏は・・・出来ないね~」


シンドンの言葉にキボムも思わず笑った


「今日はここで一連の流れを見学してんの?

うちのナンバー1観察すると面白いぜ~」

「ヒチョルさん?」

「ああ・・・あの人は全く計算ないから・・・

本能で生きてる感じだな・・・古株の先輩の話だと

昔はすごく荒れてて、懐かない野良猫みたいだったって・・」


「そんな雰囲気全然ないけど・・・そうなんだ・・・」


2人が話しこんでいると奥からウニョクが走ってきて

シンドンに向かって「今・・充電中・・しばらくフォローお願い」

そう言い残すと、次はソンミンの方に走っていった

それぞれ手の空いていそうなホストの耳元で同じ事を囁く

ヒチョルがVIP接待で不在になっているヒチョルの客の所に

ヘルプで入っているホスト以外に、

手空きのホストがフォローで入っていった


「キボム悪いな・・お姫様の充電が終わるまでは、

みんなでフォローすることになってんだ・・・」

シンドンがそう言って店に出ようとしたので

「充電って何? ヒチョルさんどうかしたの?」

あわててキボムが尋ねると


「あの人・・ああ見えても接客にあの人なりに気を使ってるんだよ

だから・・・神経使いきって倒れそうになる時があって・・

今、ロッカー室に行けば充電がなんだか分かるから・・・

僕たちは・・自主的にフォローに回ってるんだ・・・」

そう言うとシンドンはハンギョンの指名客の席に笑顔で入っていく



「充電?」

キボムは首をかしげながらロッカー室に向かった






ヒチョルはぐったりとしたまま

ハンギョンの胸に顔を埋めてしがみついている

ハンギョンは椅子に座ったままヒチョルを抱きしめ

優しく背中をなでている

その2人の様子は母親の胸に甘える子供のように見えた

(これが・・充電?)

キボムは2人の邪魔をしないようにドアの陰からそっと中を覗く


「今日の薔薇社長は・・熟年離婚したとかで・・いつもよりも半端なく

雄のオーラ出しまくりで・・でも僕がしっかりガードして

兄さんには触らせませんでしたから!!!!」


リョウクが2人の横に立ってハンギョンに経過報告をしている

ハンギョンはヒチョルの頭をなでながら

「リョウク・・いつもありがとな・・・あともうちょっとで復活するみたいだから」と

リョウクに笑顔を向ける



キボムは小さな子供のように

ハンギョンにしがみついているヒチョルを見て

さっきハンギョンと手を絡ませていた人物と同じとは思えなかった

こんなに神経を疲れさすVIP接待って・・・何?

キボムがぼんやりと3人の様子を見つめていたら

リョウクが突然「10分経過しました」と時計を見ながら囁く



それを聞いたヒチョルは

突然顔を上げるとハンギョンから離れて

「悪かった・・・戻る・・・」と小さく呟いた

「ヒチョル大丈夫か・・」ハンギョンが心配そうに聞く

「ああ・・・ラストまで大丈夫だから・・・心配掛けて悪い・・」

ヒチョルはそう言うと笑顔を作った

ハンギョンは、その笑顔を見て辛そうな表情をし

ヒチョルの腕を掴んで自分の方に引き寄せた・・・

その唇に自分の唇を重ねる

しばらくして、ヒチョルの方から唇を離すと

ハンギョンに花のような笑顔をむけて「ごめんね・・」と言い残して

ロッカー室を出ていった



うわっ・・・キボムはヒチョルがハンギョンに向けた笑顔をみて

胸がドキドキしてくるのを止められなかった


「あれ? キボム・・なんでここにいるの?」

リョウクが不思議そうな顔をして聞いてきたが

ヒチョルの放出したフェロモンにやられたキボムは、

胸はドキドキし顔は赤くなり何も答えられない


そんなキボムを見てハンギョンはにやりと笑い


「悪いけど・・・今の事内緒にしててくれるかな?

店でキスは禁止されてんだ・・支配人にバレたら怒られるから」


ドギマギしているキボムは、ハンギョンの言葉にうなずくのがやっとだった

それを見てハンギョンはウィンクをして部屋から出ていった




今日はなんて長い1日なんだろう・・・

キボムは心の中でそう思っていた
【パールサファイアの夜 Ⅱ】~見習い 5~


「お疲れ~」

ギュヒョンが手にペットボトルの水を持って

キボムの所にやってきた

ぐったりと椅子に座っていたキボムは

弱々しく微笑むと水を受け取って一口飲んだ


ホストクラブ「パールサファイア」は

今日も盛況を極めて営業を終えた・・・


突然、所属事務所の専務であるギュリから

2週間のホスト体験を言い渡されてやってきた俳優キボム・・・


何から何まで初体験だらけ

そして緊張と驚きの連続で

今は疲労困憊状態で椅子に座っているのがやっとだった


「もう帰っていいって・・支配人が言ってたよ」

最後まで後片付けを手伝っているソンミンが優しく話しかける


「ありがとう・・・ソンミンさん・・」

キボムが疲れ切った顔で礼を言う

するとソンミンは手にしていた紙きれを示しながら

「これ・・支配人から預かったよ・・・キボムにだって」と言って渡した


「なんだろう・・・」


紙きれを広げるとギュリの字で



『伝えるの忘れてたけど、見習い中は自宅には帰宅しないこと

ホストの家に泊めてもらって、いろいろ話を聞いたり体験してきなさい』


げーっ


キボムが凄い顔をしたので

ソンミンとギュヒョンが顔を見合わせて驚く


そこに

「キボム~何か知らないけど・・・ヒチョル兄さんに言われた・・

キボムがうちに泊まりに来るって・・・本当?」


リョウクがお札を数枚ひらひらさせて3人の元にやってきた


「ヒチョル兄さんは、さっきハンギョン兄さんと帰ったよね?」


ソンミンがリョウクの顔を見つめながら言うと

リョウクは3人の顔を見ながら答えた


「キボムがうちで寝起きするから、必要なものを買ってこいって・・・

あとこれで朝ごはん食べてこいって言ってたよ」


「オーナーの言ってるホストの家って・・ヒチョル兄さんの所だったんだ・・・」

ギュヒョンが紙を手にしてポツリと言う


「せっかくヒチョル兄さんがお金くれたんだから

みんなで朝ごはん食べて帰ろう♪」

リョウクがニコニコしながら3人を誘うと

ギュヒョンも大喜びで賛成する

「まずは・・・明け方までやっている東大門行って・・必要なものを買って

それからご飯だね」

ソンミンがこれからの予定をキボムの代わりに考えてくれていた

「そうしよう!!!さっそく買い物に出発~」

行く気満々のギュヒョンは笑顔でキボムに話しかける


キボムの知らない所でキボムのスケジュールが決められていく

当の本人は、ぼんやりしながら3人の顔を見つめていた・・・・・










「え? キボムがしばらくウチに泊るのか?」


「うん・・オーナーから言われて預かる事になった」

ヒチョルはハンギョンの腕の中でまどろみながら答える


2人が住んでいるマンションは

2LDKの広さで、ヒチョルとハンギョンの部屋と

リョウクの使っている部屋がある


もともとはハンギョンが1人で住んでいたのでそれ程広くない

そこにヒチョルが転がり込んできて住み始め

その後ヒチョルがリョウクを引き取る事になり

納戸として使っていた部屋をリョウク用の部屋としていた・・・



しばらく・・キボムがいるのか・・・そうか・・・


ハンギョンは少し考え込んでから

自分の腕の中でウトウトとし始めたヒチョルの首筋に唇を這わせた


「あっ・・な・・んだよ・・俺・・眠いよ・・・ば・・か・・・」

「しばらくお客さんが泊まるんだろう・・だから・・・」

「ばか・・へ・・んたい・・・」

ヒチョルに変態と言われてハンギョンは濃厚な口づけをおとす

その口づけのあまりの甘美さにヒチョルの眠気も吹き飛び

自分からハンギョンの首に腕をまわして耳元に何かを囁いた


それを聞いたハンギョンは、にやりと笑い

ヒチョルの耳元で愛の言葉を囁く


ヒチョルは満足げに微笑むと

ハンギョンの瞳をじっと見つめる


それが合図のように

2人は自分達だけの世界に入っていった・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。