上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.18 初恋 1
最近少しSHINHWA に寄り道してしまいましたが

久々のハンチョル妄想の新作です

それもよくある設定のよくある話・・・

ってBLをあまり読まない人だから・・・

よくある話になるのかな・・・分かりませんが・・


しばらくお付き合いください・・・



【初恋】 1


新学期が始まって一ヶ月が過ぎた

桜の季節も過ぎて梅雨入り前の夏を思わせる強い日差しの中

ヒチョルはクラスメイトのイトゥクと一緒に登校していた

ここはソウル郊外にあるキリスト系の全寮制男子校 聖SJ学院

ソウル大学合格者数が毎年一位という進学校で有名だった

ヒチョルは高等部からの編入組でイトゥクは中等部からの持ち上がり組

1学年は6クラスあり、その半分が中等部からの持ち上がりだった

たまたま寮の部屋が同室だった事や

もともとの世話好き体質のイトゥクにとってヒチョルは格好の相手だった事もあり

2人は一ヶ月の間に親友と呼べるほど仲良くなっていた


「今日は生物の授業・・・顕微鏡実験って言ってたな」

ヒチョルは綺麗な顔をちょっとしかめてイトゥクに言う

「うん・・ヒチョル生物室初めてだよね~迷子にならないように

ちゃーんと僕についてきてね~特別教室は中等部でも使ってたからさ」

話しかけられたイトゥクは笑うと出来る魅力的なえくぼを見せながら

ヒチョルの肩を軽く叩いた



ヒチョルは肩まである長い髪と

女性と間違えそうな美しい顔で入学式から目立っていた

一緒にいるイトゥクも女性ぽい可愛い風貌なので

2人で歩くとだれもが振り向く

男子校という特殊な状況下で

2人の存在は一種の清涼剤の役割をしていた


ヒチョルは地方出身だったので大学進学にむけて

できればソウルの進学校に入学して良い大学に入りたいと思っていた

ヒチョルの両親は人口の少ない地方の都市で

芸能人なみに美しい顔で有名になりすぎた息子の将来を心配し

校則の厳しい全寮制の学校に入学させようと思っていた

お互いの利害が一致して、

ヒチョルはこの春から聖SJ学院の一員となったのだった


小さい時からその美貌で

周囲からちやほやとお姫様扱いされていたヒチョルは

全寮制の生活に失敗したと後悔したが

面倒見の良いイトゥクに助けられて

ようやく慣れて来た所だった



「ヒチョル~早く早く~生物室は少し離れているから

チャイム鳴っちゃうよ~」

3時間目が終わってイトゥクがヒチョルを急かす

「ちょっと・・・待てよ・・」

中等部からの持ち上がり組はみんなそそくさと教室を出ていく

イトゥクは他にも高等部編入組に声をかけて

大急ぎで生物室にむかっていった


「げ・・・がいこつがある・・・」

ヒチョルは生物室の入口に飾ってある骨格標本と人体模型に少しビックリした

イトゥクはその様子にケラケラと笑いながら

「この子はジェウク・・この子はボンナム」と指をさしてヒチョルへ教える

「な・・名前ついてんのかよっ・・・」

「うん・・・生物のドンヨプ先生が、よく呼びかけてたよ~」

生物室には他に水槽がいくつもあり

イモリやグッピーなどの熱帯魚などがいた

隅の方にはハムスターもいるようだった


ヒチョルは久々に人間以外の生き物を見た気がして

少しほっこりした気分で自分の席に着く


チャイムが鳴って中年の生物教師が入ってきた

出席を取った後に「ドンヨプ」と自己紹介をする


ああ・・・あの骸骨に名前つけた先生か・・・

ヒチョルはぼんやりと教師の顔を見つめながらそう思った


「では~顕微鏡は自分の出席番号のついたのを使ってね~

一緒にカードが付いてるから日付と自分の名前かくんだぞ」


「せんせ~い!!!なんでカード書くんですか~」

「顕微鏡は高いからな・・

何か不具合が合った時に誰が使ったか分かるようにだ」

みんな不満そうにぶつぶつ言いながらカードの名前をかき始める


ん?

ヒチョルのカードは

今日の1時間目に使用したクラスの子の名前が書かれていた


汚い字で「ハンギョン」と書かれていた

「きったね~ハングルだな・・・ガキみたいな字だ」

ヒチョルはそう呟くと

その名前の下に自分の名前を書いてから

ハンギョンという名前の横に矢印を書いて、

「へたくそ」と落書きをした



「顕微鏡の使い方のレクチャーは終わったからな~

明日は続けてプレパラートを見るぞ!!!!!!」

「プレパラートは何ですか~」

「まあ元気な奴だ・・・明日の楽しみにしとけ~」

生物教師のドンヨプは豪快に笑いながら

「お前ら早く食堂に行かないと、昼休み終わっちまうぞ」と生徒に声をかける

「うわっ・・・やばっ」

生徒達はみんな大慌てで顕微鏡をしまうと

食堂にむかって一斉に走り出す

「ヒチョル~早くしないとA定食がなくなっちゃうよ~」

イトゥクに急かされてヒチョルも速足で生物室を後にした
スポンサーサイト
2013.05.23 初恋 2
【初恋】2

「ああ~やっぱり遅かった~!!!!席ないよ~」

ヒチョル達が生物室から大急ぎで学食に来たが、

高等部の学食はすでに満杯状態だった

「あああっ・・・A定食品切れだし~ジャージャー麺しか残ってなかった」

「ぐちぐちうっせーぞ・・仕方ないだろう・・」


ぐちぐちと文句を言うイトゥクを軽くいなして

ヒチョルはトレーを持ったまま学食の隅に立っていた


「どっかないかな~あっみっけた~!!!!」

イトゥクは空席を探そうとキョロキョロする

そして知り合いを発見したようで大きな声を出した

「カンイン~!!!!みっけた~!!!ヒチョル行くよ~」

イトゥクに促されてヒチョルはトレーを持ったまま移動する


「やった~カンイン!!!!俺達に席ゆずってね~」

「まだ途中ですよ・・・イトゥク・・ちょっと・・待って・・」

カンインと呼ばれたがっしりとした青年が

イトゥクに急かされて慌ててご飯を口に詰め込んでいる

「僕・・・カンインの膝の上でもいいんだけど~」

「グボッ・・・・」

イトゥクのひと言にカンインは真っ赤になってむせた


「うわっ何やってんの~もう・・・カンインってば!!!!」

カンインとイトゥクの騒ぎをぼんやりと眺めていたヒチョルに

カンインの隣に座っていた青年が声をかけて来た

「僕・・・食べ終わったから・・君座って」


うわっ・・・超イケメン・・・


ヒチョルに席を譲った青年は超のつく位のイケメンだった

ヒチョルは自分の美貌を嫌という程認識していた・・・が

自分以外でここまでのイケメンを見るのが初めてだったので

思わず大きな瞳を見開いて見つめてしまった


見つめられた青年は、ニッコリと微笑むと

「カンイン・・・次・・体育だから先に行ってる・・」と

空の容器を持って素早く去って行く

「そうだ・・体育だった・・・イトゥク悪ぃけどもう行くね」

カンインも大慌てで

食べ終えた食器を持って青年を追いかけていった


「やれやれ座れたね~まだ30分あるからゆっくりできるね」

イトゥクがほっとしながら席に座ってヒチョルに話しかける

するとヒチョルはカンイン達の後ろ姿をぼんやりと見つめたままだった


「ヒチョル!!!!どうしたの?」

イトゥクはヒチョルの様子に驚いて視線の先をおった

ヒチョルがカンイン達を見ていた事に気付いて

「カンインはダメだからね!!!!僕のナイトだから!!!!」と文句を言った


聖SJ学院は伝統ある男子校

男子ばかりの特殊な状況下の中

女の子ばりの可愛い男の子に

不埒な考えを持つ輩も出てくるため

騎士(ナイト)制度というものが設けられていた


イトゥクも女の子のように可愛い容姿を持っていたので

中学時代からカンインと騎士契約を結んでいたのだった

ヒチョルは入学してまだ一ヶ月なので

その制度の事は詳しく知らなかった


「ナイトかなんか知らねーけど・・・

イトゥクの熊見てたんじゃない熊の隣を見てたんだ・・・」

イトゥクはヒチョルが

カンインに興味を持ったわけではない事にホッとした


「ああ・・あのイケメン? カンインの同室の留学生だって」

「留学生?」

「中国からの留学生・・だからまだ韓国語は上手じゃないみたい

カンインは身振り手振りで会話してるって言ってたな・・・」

イトゥクはそこまで言うと

「ほら・・早く食べよう」とぼんやりしているヒチョルに声をかけた

「うん・・・」


中国からの留学生・・・・カッコいい顔していたな・・・

あの人・・・名前なんて言うんだろう・・・・


ヒチョルにむかって微笑んだ顔が思い浮かぶ


キュン・・・ヒチョルの胸が甘く疼いた



俺・・どうしたんだろう・・なんか顔が熱くなってきた


ヒチョルは初めて覚える感情の変化に

どう対処していいのか分からず戸惑っていた

2013.05.23 初恋 3
【初恋】3

「ハンギョン? どうした? ロング眠かったな」

カンインが隣の席でぼーっとしている中国からの留学生に声をかけた

「ロングホームルーム・・眠かった・・遠足は山登り?」

カンインに声をかけられて、ハンギョンと呼ばれた綺麗な顔立ちの青年は

言葉を探しながらゆっくりとした口調で話をする


ハンギョンは中国からの留学生なので

まだ韓国語が達者ではない・・時々分からない事があると

英語を交えたり身振り手振りで確認をする

なのでどうしてもゆっくりした話し方になってしまうのだった

「あの・・女の子・・カンインは名前知ってる?」


話の内容が飛ぶのにもカンインはもう慣れた

遠足の話から突然女の子と言われて

カンインは頭の中をフル回転させて

ハンギョンの言わんとする事を推測した


「あの子・・・入学式に見た子・・僕顔を覚えた」

「ああ・・・女の子じゃなくて

女の子みたいな子・・だね・・・

イトゥクのルームメイトでヒチョルって言うらしい」


ハンギョンは入学式でヒチョルを見かけ

どうして男子校に女の子が紛れているんだと

カンインに質問してきたのだった

カンインがあれは男の子だよ・・と説明しても中々納得しなかった

そんな一カ月前の事を思い出してカンインは

「そうだね・・ハンギョンが入学式で女の子だ~って

そう思った子と同じだね・・・ヒチョルは美人だから」と小さく笑いながら答える


「ヒチョル・・・可愛い・・・」

「ハンギョン・・好きになったとか?」

「あの子・・女の子・・みたいな子・・僕の好きな顔」

「へえ~ああいうのが好みなんだ」

カンインはそう言うとハンギョンの端正な顔立ちをまじまじと眺めながら

「お前・・中国にGFとかいなかったの?」と興味深そうに尋ねて来た

「ガールフレンド? いたよ・・留学するのでお別れしたよ」

「え?」

「遠く離れるとめんどくさい・・だから全員とお別れした・・」


げ・・・・

全員って・・・・何人と同時に付き合ってたんだ?

こいつ・・・こんな爽やかなイケメン面して・・すっごい女ったらしなんだ・・・


カンインがイトゥクに熊さんみたいで可愛いと言われるつぶらな瞳を

驚愕のあまり大きく見開いてハンギョンを見つめていた


「カンイン・・君の目はぬいぐるみと同じで可愛いね」

ニッコリと微笑みながらハンギョンはカンインにむかって言った


うわっ・・こんな顔で迫られたら・・女はイチコロだな・・・・


「ハンギョン・・・授業終わったけど・・部活いいのか?」

ハンギョンは体育の授業でその身体能力の素晴らしさが判明されたため

あちこちの運動部からいろいろと勧誘をされていた

ハンギョン本人はまだ言葉がうまく話せないと言う事で

なかなか一歩踏み出せずに躊躇している

今日も運動部の見学に行かずに寮に帰ると言った

カンインはもったいないな・・・と思いながらも

「まずは韓国語の勉強が重要だしな」とハンギョンの肩を軽く叩いて

「韓国人の彼女を作れば必要に迫られて、韓国語があっという間に身につくぞ」と

ハンギョンの顔を覗き込んでニヤリと笑った

「あ・・・そういう手があった」

ハンギョンもいい考えだとばかりに

カンインの方を向いて

女性なら誰もが虜になるイケてる顔でニッコリと微笑んだ
2013.05.26 初恋 4
【初恋】4

「今日も生物室での実験だよ~」

イトゥクに言われてヒチョルは慌てて教科書を手にした

「じゃあ今日も学食はジャージャー麺だな」

ヒチョルが呟くとイトゥクはニコニコしながら

「今日はねぇ~カンインに席取りたのんだから大丈夫♪

僕のA定食も頼んであるんだ~」


(ナイトって・・・騎士じゃなくて下僕のことか?)

ヒチョルはそんなことをぼんやり考えながら生物室まで来た

顕微鏡実験の時は授業のチャイムが鳴る前に

顕微鏡を取りに行って用意をしておく

ヒチョルは顕微鏡を手にして席に着くと

顕微鏡使用カードを手にして苦笑した

前回の実験の時に 汚い字の横に「へたくそ」といたずらしていたが

その汚かった字が綺麗に書きなおされていた

そして前回のヒチョルの名前の横に 可愛い と書かれていた

「書きなおした字・・上手じゃん」

可愛いと書かれていたのでヒチョルは嬉しくなって

今日の日付で自分の名前を書きながら

上の段に書いてあるハンギョンの名前の横に ありがとう と書いた



ハンギョンってどんな奴なんだろう・・・

実験中もずっとヒチョルはその事ばかり考えてた

(こいつ・・俺の事知ってるんだ・・・俺は知らないのにな)



「今日のゾウリムシは元気だよ~ちゃんと見てないと見逃しちゃうからね」

生物教師のドンヨプの声が遠くに聞こえる

ヒチョルは授業中ずっと顕微鏡を覗いたまま

意識は他の事に集中していた



「ヒチョル~ゾウリムシ見れた?」

授業が終わり顕微鏡を片付けているとイトゥクが寄ってきた

「ゾウリムシ・・ほれ・・こいつだろう」

提出する用紙に元気なゾウリムシの絵が書いてある

「ヒチョルって・・絵が上手だね~」

顕微鏡でゾウリムシを見つけてなかったが

ゾウリムシは子供の頃に見た図鑑で形を覚えていたので

見なくても描けるようになっていた

「ちょ・・・イトゥク・・お前って・・・」

ヒチョルはイトゥクの用紙を取りあげて唖然とする


「お前・・・絵・・へったくそだな」






「カンイン・・なんで4人分の席とってるの?」

学食で4人分の席を確保して

周囲に睨みをきかせているカンインに

ハンギョンは不思議そうに尋ねる

自分の分として取ってきたA定食も食べずに置いたままだ


「うん・・イトゥクに席取り頼まれたから」

イトゥクという名前を聞いて

ハンギョンは眉をぴくりと動かした


カンインはハンギョンの表情に気付いて

「ハンギョンの好みのあの子も一緒だよ」とニヤリと笑った


ハンギョンは自分の定食を食べながら

ヒチョルの顔を思い浮かべていた


ヒチョル可愛いな・・・どんな性格なんだろう・・・



「あー腹減ったよ~早くイトゥク来てよ」

カンインが待ちきれなくてテーブルに突っ伏した

その姿をハンギョンが笑いながら見て

「ナイトって・・・召使いなんだね」と呟く


「召使いじゃないよっ!!!姫を守る騎士なんだよ~」

カンインの訴えを聞こえなかったふりをして

ハンギョンは自分の食事を続けていた・・・・
2013.05.30 初恋 5
【初恋】5

ヒチョルとイトゥクが食堂に着いた時には

ほとんどの席が埋まっていた

そして今回もA定食は品切れでカレーか麺類しか残ってなかった

「ヒチョル~今日もジャージャー麺なの~?」

イトゥクは嬉しそうに激辛ちゃんぽんをトレーに乗せた

「げっ・・・お前それ・・地獄の辛さって評判じゃん」

「い~の僕が食べる訳じゃないもん♪」

「お前じゃなかったら・・誰がそれ食うんだよ」

ヒチョルの疑問に答える事なく

イトゥクは誰かを探してキョロキョロしている


「あっ♪ いた~♪カーンイーン♪」

イトゥクはカンイン達を見つけると

トレーを持ってそそくさと移動する


「あっA定食とっといてくれたんだね~ありがとう~」

イトゥクがトレードマークのえくぼを見せながら

にこやかにカンインに礼を言う

カンインは嬉しそうに「場所とり大変だったんだから」と

全然大変そうじゃない声で答えた


ヒチョルはそのやりとりを見つめながら

(ナイト・・って・・やっぱパシリじゃん)と心の中で密かに思う

「今日もそれだね・・・君はそのジャジャ麺・・好き?」

急に声をかけられてヒチョルは声の方を振り向いた



どきん・・・


自分の定食を食べ終えたハンギョンが

ヒチョルの方を見つめて微笑んでいる


急にヒチョルの心臓がバクバクとし始めた


な・・・なんだ・・・急に・・


ヒチョルは自分の心臓が自分のものじゃないように感じた


「遅かったから・・こいつしか無かったんだよ」と答えて

一心不乱にジャージャー麺を口に運びはじめた

そんな様子をハンギョンはニコニコしながら眺めている

(なんだ・・こいつ・・・じっと見てたら食いづらいじゃないか)

ヒチョルがハンギョンを意識して顔を上げられずに

ひたすら麺を食べている横で

イトゥクはカンインに激辛ちゃんぽんを薦めていた

「カンインにちゃんぽんを選んだよ~僕が選んだんだから食べてね」

そう言うとちゃんぽんのトレーをカンインの前に置いて

自分はちゃっかりA定食を食べ始めるイトゥク・・・


カンインは苦笑いをすると激辛ちゃんぽんを食べ始めた


ヒチョルが顔を上げられないまま

食事をしている様子に気付いたイトゥクが

「そこの留学生~そんなに見つめていると食べづらいってよ~」

笑いながら声をかけた

「ハンギョン~何そんなに凝視してんだよ・・」

カンインも気付いて笑いながら突っ込んでくる


(え? ハンギョンだって?)

カンインの言葉にヒチョルは驚いて顔をあげた

するとヒチョルを見つめているハンギョンと視線が合った・・

ハンギョンはどんな女性をも虜にしてしまう綺麗な顔でニッコリと微笑むと


「ヒチョル・・・可愛い・・・食べてる姿もおんなのこ・・・」


ハンギョンのひと言にヒチョルの胸の動悸が止まらなくなり

自分でもどうしたらいいか分からなくなったヒチョルは

「俺・・・おんなのこじゃない!!!!!」と叫ぶと

席を立ってその場から走り去ってしまった




「僕・・・韓国語まちがえた? ヒチョル怒った?」

ハンギョンは訳が分からないという顔をして

イトゥクとカンインの顔を見つめた


「う~ん・・おんなのこ・・というフレーズが良くなかったかな?」

イトゥクがカンインの方を向いて首をかしげると

「ハンギョン・・・また「みたい」が抜けたよ」

カンインがハンギョンに言うと

「おんなのこ・・みたいに・・かわいい」とハンギョンが言いなおしをする

「でもあんなに怒る内容でもないと思うけどな・・・」カンインがハンギョンを

慰めるように言った



ふーん・・・

イトゥクは何か思い当たる節があるのかニヤリと笑うと

A定食を食べる速度を速めるのだった












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。