上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スパショ OSAKA]

*この話は少しの事実とたくさんの妄想からできていますので

お気をつけてお読みください*


「うわっ広いな~」

ヒチョルは京セラドームの舞台に立って周囲をぐるりと見回して

驚愕のため息をついた

「SMタウンの時の東京ドームも広かったけど・・・

あの時は出演者がたくさんいたからな・・・出番も少なかったしな・・

今回は俺たちだけでの公演だ・・・」

不思議そうな顔をして周囲を再度見回す


「ヒチョル兄さん~このドームが全部エルフで埋まるんですよ~」


ソンミンがヒチョルの横で両手を広げながら笑顔で答えた








「ヒチョルさぁ~お前に見せてあげたかったな~

真っ青の光の海がそこにできたんだよ・・・・

俺たちのカラーのパールサファイアブルーの海がさぁ

すっごく綺麗だった・・・あの感動は一生忘れないよ」


ヒチョルが兵役に入って基礎軍事訓練が終わり

区庁の仕事にようやく慣れてきた12月

日本でのライブを終えたイトゥクと宿舎で酒を飲んでいるときに

イトゥクが今にも泣きそうな顔をしてヒチョルに話した


自分が兵役中はスーパージュニアの活動には関心がなかった

なかったと言うよりも関心を持たないようにしていたヒチョル

偶然にも自分が芸能活動停止中に日本での活動がすごく増えた事に

少なからずも戸惑いを覚えていたのもあった


「ふん・・動画サイトでみたよ・・確かにきれいだったけどさ

あーあ・・思い出してまた泣き出す・・・汚ね~な鼻水も出てるぞ

思い出し泣きするほどか? 相変わらずジョンスは泣き虫だな」

ヒチョルは呆れたようにイトゥクの涙を拭き

優しく頭をなでながら話の続きを聞いてあげる

そんな事が酒を飲むたびに何度もあった


その後東京ドームでの公演もあり

日本でほとんどセールス活動をしないにも関わらず

スーパージュニアはヒチョルの知らないところで大きく成長していた







「ヒチョル~本当にお前らしくないな・・・まだ本調子じゃないか?」

本番間近バックヤードで緊張に押しつぶされそうになっているヒチョルに

カンインが声をかける


「なんでドンヘたちはあんなにヘラヘラしてられんだよ・・・

いつもの箱の倍の大きさあんだろうが・・・それに俺・・横浜以来の日本だし」


ヒチョルの手を握ってカンインが優しくほほ笑みながら

「俺も東京ドームの時はすっごく緊張したけど・・大丈夫だよ

北京公演も成功させたじゃないか~」

すぐ横で眉間にしわを寄せながら最終チェックをしているリョウクを指さして

「日本ではジョンウンの人気が半端ないからな・・・

リョウクは日本公演だとジョンウンの不在を埋めるために必死だな」


リョウクの姿を見てヒチョルも気持ちを引き締めた

「今の俺の気持ちが分かるのは・・ヨンウンお前だけだ・・」

「ああ兵役から戻ってきたのは俺だけだからな・・ヒチョルお前なら大丈夫だよ」


スパショOSAKAは約5万人近いエルフに見守れて幕を開けた


スパショ自体はすでに他国公演で体験済みだったので

ヒチョルはすぐに溶け込むことができた

オープニングで自分の名前を見てのエルフの大歓声にほっとする

今回は出来上がった構成にあとから自分だけ付け足した状態なので

半分くらいは出ない場面もあり

除隊後リハビリ中と言えるヒチョルにはちょうどよかった


「あいつらすげーな」

舞台のそでで弟たちの

元気なパフォーマンスを見ながらヒチョルはつぶやく


舞台上からファンが見える位気持ちに余裕が出てきた頃

ヒチョルは不思議な光景を見た


イトゥク? イェソン?

ファンは兵役中でいないメンバーの名前の団扇を持っている


その謎はその後すぐにとけた


キュヒョンとリョウクがイェソンの映像と一緒に歌うという場面にくると

観客の歓声とすすり泣きが聞こえてくる


(ジョンウン・・お前ってすげーな・・お前に見せてやりたいな

でもこの構成って・・死んじゃった奴の追悼コンサートみたいだぞ)

この後メンバートークで兵役中のメンバーに話がとんだ


ウニョクが不在のメンバーの名前のボードや団扇をもったエルフに礼を言うと

カンインがヒチョルに向かって説明をする

「ヒチョル兄さんがいないときも 兄さんの名前を持ったファンがたくさんいたんですよ」


え?


ヒチョルの胸がドキンとした

鼻の奥がツンとする


自分はファンに対して「待たなくていい」と言い放った

それは2年間という長い時間に対する不安の表れでもあった


でもファンはこんな自分でもちゃんと待っててくれた

不在の時でもちゃんと応援してくれていた・・・


「それ・・ほんと?」

ヒチョルはカンインの瞳をじっと見つめて聞き返す

「本当ですよ」

カンインはやさしくヒチョルに答える



ちきしょう・・涙が勝手に出てきやがる・・・

俺はこんなキャラじゃないのに・・

復帰してから毎回のように泣いている自分に少し腹を立てながらも

ヒチョルはライブに参加できる今の状況がとても嬉しかった


ジョンス・・・お前が復帰した舞台はもう最初から最後まで泣き続けるだろうな・・

俺がこれなんだもんな・・・・


部隊で兵隊をしているリーダーの事を思ってヒチョルは客席を見上げる



でかいな・・・

俺がこの間参加した横浜は半分くらいだったな・・・



メンバーの要望で真っ暗な中で

客席がペンライトを一斉に点灯した・・・・





うわっ・・・すげ~綺麗だ・・・

ジョンスお前が俺に伝えたかったのはこれだったんだな

日本でしか味わえないすごく大きな青い海だな


ヒチョルは誰にも見られないように

潤んだ瞳を手の甲でぐっと拭った




来年はジョンスが戻ってくる・・・

でも次の弟たちが行くことになる

順番で行って戻っての繰り返しだな


メンバー全員でこの青い海を眺めることができるのは

何年後なんだろう・・・


俺たちはいろいろあったけど

今はもう大丈夫だよ

ずっと一緒に爺になってもスーパージュニアでいてやるって決めたから



他のメンバーが舞台を走り回って歌っている間


ヒチョルはセンターステージに立って

いつまでもパールサファイアブルーの海を眺めていた






おしまい




追記

ステージ上のヒチョルはまだ本調子?ではなく

時々真剣な表情でカンインやミンくんに耳打ちしてました

多分何か聞いていたんでしょうね

すぐカンインのそばに行きたがるのは

ヒチョルの気持ちが分かるのはカンインだけだからかなと感じました


ヒチョルは出番がほかのメンバーより少なくて

トークの後に舞台そでに下がるときにスキップしながら戻ったりと

時々ヒチョルらしさが見られ可愛かったです

ヒーローの動画場面はまさかの悪役くまさんの中身(笑)

くまさんの頭をとってヒチョル登場のカットを後から付け足してました

くまさんの着ぐるみの時は勝手なダンスばかりで笑わしてもらい

ミンくんが「激おこぷんぷん丸」と可愛いパフォーマンスしたのに対して

怒鳴りながら「激おこぷんぷん丸」と叫んでミンくんに違うと指摘されてました


新曲は目立つ場所でのパートにドキドキさせてもらいました

ミンくんが飛ばされる振付があるのですが

16日はシンドン達に高く飛ばされて着地失敗しておしりを強打

翌日からジャックザリッパーがあったので観客みんなが心配して

イ・ソンミンコールで応援しました←これはインスタでゴニさんが動画あげてくれてます

ヒチョルのソロの場面

ソファにお姉さんを侍らせての演出でした(笑)


とても楽しかったスパショ5でした


体力の低下を実感したので次回のスパショ6までには

体力づくりに励みたいと思います(笑)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。