上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【癒し】 前編

2月に入りスーパージュニアのメンバーは台湾公演のために宿舎を留守にする

1人残されたヒチョルも やっとこの状況に慣れてきた

最近区庁の仕事も気持ちに余裕ができて、

区長の懐の広さを感じながら楽しく仕事をしている・・・・


「あれ? 何だこのメール」

ヒチョルのPCに見慣れない人物からメールが届いている

「リー????? あ・・・ハンギョンのマネージャーだ・・・何だろう」

以前中国に行った時にハンギョンのマネージャーとも一緒に食事をした

その時にアドレスを教えていたっけ・・・


メールの内容は・・・・ハンギョンが精神的にも少し疲れているからソウルに行かせるので

ヒチョルが彼を癒して欲しい・・・そんな事が書かれていた


「なにがあったんだ・・・中国語うまく訳せね~し・・良く分かんねーけど・・って・・マネージャーが俺に頼む

くらいだからよっぽど凹んでんだな・・・」


ヒチョルの携帯が鳴った・・・ハンギョンからだった・・



「もしもし・・・」

「ヒチョル? 元気してた? 今、金浦なんだけど・・時間ある?」

「お前~いっつも急だよな~俺だって忙しいんだぞ!!!!!」

「・・・・・・・・・」

(え?ハンギョン・・・元気ないじゃん・・・)

「ウソ・・・俺・・・お前が来てくれるなら予定全部キャンセルするから

ちょうどメンバー台湾でいないから・・・宿舎にきて・・・」

「忙しいなら・・・帰るよ・・・」

「バカっ!!!!!!!会いたいに決まってるだろっ」

「うん・・・」

ヒチョルの会いたいという言葉にやっと

ハンギョンの沈んでいた声が明るくなった・・・・

「今から・・・行くから・・俺もヒチョルに会いたい」


電話を切った後・・ヒチョルはどうしたらハンギョンを元気に出来るか考えた・・・





「ハンギョン♪会いたかった♪」

ハンギョンが宿舎に着いて

玄関が開いたとたんにヒチョルが抱きついてきた

恥ずかしがり屋のヒチョルはいつもこんな事はしないので

ハンギョンも面喰らった顔をしていたが・・・嬉しさで顔が綻んでくる

「お前~久々の恋人同士の再会なのにキスも無いのかよ」

ヒチョルに言われてハンギョンは慌てて・・・ヒチョルを抱きしめるとキスをして

「俺も・・・会いたかった・・・会いたくて気が変になりそうだった」と囁く

ヒチョルはニッコリと微笑むとハンギョンの手をひいて

「お腹すいた?ご飯用意してあるよ」

リビングに行くとちょっとした料理が並べてある

「え? これ・・・ヒチョルが作ったの?」

「俺さまが作った・・・って言いたいが・・・リョウクが俺のために作り置きしてくれた

それをチンして並べた」

チンして並べただけなのに偉そうに言う姿にハンギョンは笑って

「ヒチョル・・・相変わらずだね」


2人はリョウクの料理に感謝しながら一緒に食事をとった

ハンギョンも気持ちがほぐれて来たのか2人で食事の後片付けをする時には

いつものハンギョンに戻ってきていた


終始笑顔でいるヒチョルにハンギョンは

「俺が突然来たのに・・・何も聞かないの?」と聞くと

「お前・・・俺に会いたくて来たんだろう? そんな分かりきった事・・聞かねーよ」と返された


しばらくテレビを見ながらくつろいでいると

「ハンギョン・・今日はもう飛行機ないし・・泊ってくよね」

ヒチョルがハンギョンに抱きつきながら耳元で囁く

え?

いつもと違うシチュエーションにハンギョンは戸惑い

彼の心臓は急に高鳴り始める・・・・

ヒチョルからの濃厚な口づけのあと

「今日は・・・俺が・・お前を抱くから・・・」

想定外のヒチョルの行動にハンギョンは言葉も出なく驚くばかりだった
スポンサーサイト
【癒し】 中編


ヒチョルの瞳が妖しく光る・・・・

ハンギョンはいつものヒチョルと違う事に戸惑っていた

ヒチョルはハンギョンをベットに押し倒すと

ハンギョンの耳元で「今日は俺の好きなようにするから」と囁く・・・

ヒチョルの熱い口づけにハンギョンはいつもと逆な立場に新鮮さも感じていた

「ハ・・ン・・ギョン・・・」

ヒチョルの優しい口づけがハンギョンの体に降りそそいだ・・・・

服を脱いだヒチョルの白い肌の美しさがハンギョンの気持ちを揺さぶる

「あ・・・」

耳たぶを甘噛みされてハンギョンは思わず声をもらした・・・

ハンギョンの背中を電気が走ったようにゾクリとする・・・

ヒチョルの唇が首筋を這う・・・着ているものもいつの間にか脱がされている

「うっ・・・」ハンギョンの声がもれる・・・

ヒチョルの愛撫はハンギョンに新たな快感を感じさせた

「ハンギョン・・・俺のこと・・見て」

麗しい瞳で見つめながらヒチョルはハンギョンに囁き

ハンギョンの手に自分の手を合わせ指を絡める・・・・

お互いの気持ちが繋がりあってハンギョンの心は満たされていく

ハンギョンはヒチョルを見上げて

「ヒチョル・・・愛しているよ・・・」と囁くと

ヒチョルは最高の笑顔で微笑み返す・・・・その姿は女神の様に美しい


ああ・・・ヒチョル綺麗だよ・・・愛している・・・

俺のヒチョル・・・俺だけの・・・ヒチョル・・・


上になったヒチョルのリードでハンギョンは今までになかった快感を感じた

まるで2人だけの世界に行ったように

体だけでなく心も一体になったような感じだった・・・・

心も体もヒチョルと一緒に溶けあった・・・そんな初めての感覚・・・


あああっ・・・・・最高の気分で2人は同時に達した・・・・



ハンギョンは自分の胸に顔を埋めているヒチョルを愛おしそうになでると・・・

ヒチョルは恥ずかしそうにハンギョンに向かって微笑んだ

抱くと宣言したけど・・・結局抱かれる方を選んだ自分に頬を染める・・

「ヒチョル・・・最高だよ・・・俺だけのヒチョル」

ハンギョンは体を反転させると今度は自分が上になって

「今度は・・・俺の番だから・・・」

ヒチョルがうるんだ瞳でハンギョンを見つめる・・・

ハンギョンはもうヒチョル以外何も考えられなくなる・・・

「ヒチョル・・・何があっても・・・絶対離さない・・」

ハンギョンはヒチョルの頬を愛おしそうになでると優しく口づけをするのだった







【癒し】 後編


ハンギョンは久しぶりに

幸福感に包まれてぐっすり眠る事ができた・・・・


ここ最近の仕事の多忙さと

いろいろな所からの中傷

共演女優との熱愛スキャンダルなど

体の疲れも貯まり、その事で精神的ダメージも大きかった・・・


見かねたマネージャーがスケジュールをやりくりして

ヒチョルの元に行かせてくれた・・・

昨日今日は正確には休暇ではなく

移動日の中での休み・・・マネージャーはそんな裏技を考えてくれた・・・


昨日のヒチョルはハンギョンの全てを包み込んでくれるように愛してくれた

ヒチョルの愛に包まれ、心も体も溶けあうように一つになり、

痺れるような時間を過ごすことができた・・・貯まっていた疲れもリセットされた・・



あれ?ヒチョル?

ハンギョンは寝ぼけながら隣に寝ているヒチョルを抱き寄せようとして

ヒチョルがいない事に気付いた・・・



「うわっ!!!!!熱っち~!!!!!」

ガラガラガシャーン!!!!!!!!


ヒチョルの叫び声とものすごい音が聞こえてきた

「ヒチョル!!!!!」

ハンギョンは素早くベットから飛び起きると音のするキッチンへ走って行った


キッチンに着くと、フライパンが床に転がり

卵があちこちに散乱していた・・・・・

コーヒーメーカーにはコーヒーが出来上がり

トーストも焼けている・・・

どうやらヒチョルは目玉焼きを作るつもりだったようで

フライパンに油をいれすぎてそれが跳ね、思わずフライパンを落としたようだった

「ヒチョル・・怪我ない? ヤケドしてない?」

ハンギョンはヒチョルの手をとって聞く

「うん・・俺は大丈夫だけど・・床ぐちゃぐちゃにしちゃった」

「だから・・俺が起きてくるまで待ってれば良かったのに」

「だって・・・お前に作ってあげたかったんだもん・・」

恥ずかしそうにそう言うヒチョルが愛おしくて

ハンギョンはヒチョルを抱きしめる

「後は俺が作るから・・・ヒチョルは座って待ってて」

「俺の悲鳴でかけつけてくれたのはありがたいんだけど・・・

ハンギョン・・その姿・・・変態だよ・・・」

え?

ハンギョンはあわてて自分の姿を見ると・・・・・

「うわぁ・・・ヒチョル・・ごめん・・着替えてくる」と

慌てて部屋に戻って行った

残されたヒチョルは「台所で全裸のハンギョンって・・・

やっぱいくらカッコイイあいつでも変態にしか見えねーな」と

笑いが止まらない

「俺の悲鳴で速攻かけつけてくるのは・・愛されている証拠だな♪」

嬉しそうに微笑みながらヒチョルは床に散らばった卵を拾って

床掃除をしているとハンギョンが着替えてやってきた・・・

「ヒチョル・・俺の為に朝食を作るつもりだったんだね

ありがとう・・自分はコーヒー飲まないのに・・コーヒーも俺の為に・・」

ヒチョルは満足げに微笑むと

「おはようのキスは?」とハンギョンに向かって言った

あ・・・

ハンギョンはヒチョルを抱きしめると優しいキスをする

「おはよう・・・ヒチョル・・今日も綺麗だね」


目玉焼きはハンギョンが手慣れた手つきで作り

2人は朝食の時間を楽しく過ごした・・・・・


ハンギョンが空港に向かうギリギリの時間まで

ヒチョルはハンギョンの腕の中に抱かれていた

「ヒチョル・・・結婚しよう・・」ハンギョンは耳元で囁く

「毎回俺にプロポーズしてるなぁ・・・よく飽きないなぁ」と笑うヒチョル

「え? 俺じゃ・・嫌なの?」

「バーカ その時が来たらね・・お前一生責任とってくれるって言ったじゃん

だから一生そばにいてもらうから・・・」

ヒチョルは優しく微笑むとハンギョンの頬にキスをする


「ハンギョン・・お前・・吹っ切れたようだな・・何があったか知らねーけど

スッキリした顔してる・・これで次に会う時まで、何の心配もねぇーな」

「ヒチョル・・・」

ハンギョンはヒチョルを抱きしめると

「やっぱり俺もお前がいないと・・ダメだ・・一生一緒にいような・・・

誰が何を言おうと・・・お前の事・・離さないから・・・

俺を癒してくれるのは・・・・ヒチョルだけだから・・ありがとう・・・」

その言葉にヒチョルは嬉しそうに微笑んだ
【癒し】番外編


ハンギョンのマネージャーのリーは

ここ最近のハンギョンの様子を心配していた

仕事も多く休みもほとんどない

最近の人気に中傷する輩も多く、挙句の果て芸能記者に追いかけられ

でっち上げの女優スキャンダルも書かれたりしている

夜もうなされる事も多く、顔色も悪い・・・・・・


収録が終わり楽屋に帰ってきたハンギョンにリーは声をかけた

「ハンクン・・・大丈夫か?」

「ああ・・・ちょっと横にならせてくれ」

横になったハンギョンは仮眠を取るわけでもなく

ただボーっとどこかに思いをはせている・・・・


(そろそろ限界か? 充電させに行くか・・・しかしどうやって?)

リーはハンギョンをどうすれば元気に出来るかをいろいろ模索する・・・・・


**************************************************************************

「ただいま♪」

次の仕事先の南京のホテルにハンギョンはやってきた

一泊二日の特別移動日の間に

ハンギョンはすっかりリセットされて戻ってきた

マネージャーのリーは別人のように元気になったハンギョンを見て驚く


(キム・ヒチョル・・・どうすればここまで変えられるんだ?)

「ハンクン・・すっかり元気になって・・魔法でも掛けられたようだ」

ハンギョンはニコニコ笑っている

マネージャーは信じられないという顔で見つめている

その顔つきが可笑しくてハンギョンはクスクスと笑いだした

「おかげさまで、ヒチョルから沢山の愛をもらってきたから

もう大丈夫だよ・・・何があっても頑張れるさ」

「それにしても・・・キム・ヒチョルの威力は凄いな・・・

俺としたら本当に中国に来てもらいたい位だよ・・・・・・」

「俺・・・今回もプロポーズしたんだけど・・・スルーされた」

「ハンクン・・・プロポーズって・・・ここ一番の大事な時にするんじゃないのか?

なんか・・・お前・・会うたびにプロポーズしてるだろ?」

マネージャーが呆れた顔で言うと

「だって・・・あまりにも愛おしくてプロポーズしたくなるんだ・・・仕方ないじゃん」


マネージャーは以前一緒に食事したヒチョルの事を思い浮かべた

初めて会ったヒチョルは、女性と見まちがえる位美しかった

話を始めるとヒチョルの拙い中国語とハンギョンの通訳で

なんとかリーとも意思の疎通を図る事ができた

何よりもハンギョンのヒチョルを見つめる瞳と

ヒチョルがハンギョンを見つめる瞳を見てしまうと・・・・・

本当に愛し合ってるのが良く分かった・・・・・お似合いの2人だ・・・

「リー・・・本当にありがとう・・いつも俺達の事を考えてくれて・・・

俺達・・・本当に感謝している・・・・まだ2人の中は公表できないけど

リーがいてくれるから・・・俺は・・・」

ハンギョンが神妙な顔をしてリーの手を握る・・・

「バカだな・・・俺達友達だろう? 今はマネージャーやってるけど

お前の親友だと思ってるんだから・・・いつでも頼ってくれ・・・

癒されて元気になったんなら、バリバリ働いてもらうからな」

「ああ・・・・ヒチョル切れになるまでバリバリさせてもらうよ」

「で・・・お前・・・一晩で何回いったんだ?」

「内緒・・・思い出すだけでも最高だった・・・」

ハンギョンの顔が緩んでくる・・・・目じりが下がって鼻の下も伸びてくる


「ほら・・・ハンクン・・・またデレデレし始めたぞ」

マネージャーの声にハッとしたハンギョンは慌てて自分の顔を触る・・・

その様子にリーは可笑しくて声を出して笑う

つられてハンギョンも笑い・・・しばらく2人は笑い合った





【癒し~その後~】

台湾公演が終了してSJのメンバーは宿舎に帰ってきた

台所に立ってお茶を入れようとしたリョウクは何か違和感を感じ首をかしげる

それに気付いたイトゥクがリョウクに声をかけた

「リョウク・・・何かあったの?」

「コーヒーの粉の入った缶の位置が違ってるし・・台所使ったみたい・・

でもヒチョル兄さんはコーヒー飲まないし・・料理しないし・・・」

「気のせいじゃん?リョウク疲れてんじゃないの?」

「うーん・・・」

2人で話ている所にヒチョルが水を飲みに来た

食器棚を眺めていたリョウクはある事に気付き

ヒチョルの方を向いてニッコリ微笑んだ・・・・

「ヒチョル兄さん・・・ハンギョン兄さんが来たでしょ・・・」


ぶーっ!!!!!!!!

リョウクの突然の言葉に飲みかけの水を吹きだしたヒチョル

「うわ~なんで俺に向かって・・・・ヒチョル!!!!!!」

イトゥクはヒチョルの吹いた水を頭からあびて文句を言った・・・・

ヒチョルは動揺を隠せない・・・

「な・・な・・なんで・・・リョウク・・・分かるんだよ」


「コーヒー飲まない兄さんが、コーヒーメーカー使った形跡があるし・・・

食器棚のハンギョン兄さんが置いていったカップが奥から前に移動しているし・・・」


「おおおっ~リョウク刑事・・・事件解決ですか?」

イトゥクがニヤニヤしながらヒチョルの顔を見る・・・・

「何よりもヒチョル兄さんのお肌がツヤツヤしているし・・・幸せオーラが凄く出てるし」

ヒチョルは思わず両手で自分の頬を覆う・・・・

「兄さん♪良かったね♪ 幸せオーラがピンピンだよ」

リョウクは笑顔でヒチョルに抱きついた・・・・・

「亭主が留守中に妻が浮気したみたいだな・・・浮気相手を連れ込んで・・・」

イトゥクが面白そうに言うとヒチョルの大きな瞳でギロリと睨まれる

「だ~れ~が亭主だ~? だ~れ~が~妻だぁ~?」

「うわ~ヒチョル様・・・もう暴言は吐きません」

イトゥクはビビりながらひきつった笑顔で答えた


「なんか・・・ハンギョンさ・・いろいろあったみたいで精神的に参ってて

俺に会いに来た・・・・・・」

「ヒチョル兄さんに会えて幸せいっぱいで戻ったんでしょ」

リョウクがニコニコしながら言うと

「うん・・・俺も・・・幸せ♪ リョウクもライブ成功して幸せだろ?」

ヒチョルがリョウクの頭をなでながら言う


すると・・・さっきまでニコニコしていたリョウクの顔がくもってきた

「僕の・・・しあわせ・・・僕の・・・きりんさん達・・・」

リョウクの瞳から涙があふれてくる


「うわぁ~リョウク急にどうしたんだよ~なんで泣くんだよ~」

ヒチョルは困った顔をしてイトゥクに助けをもとめた・・・


「ヒチョルはリョウクのキリン好きを知ってるよね・・・」

「シュキラまで持っていくアイツだろ? なんか名前あったな・・・」

「リョウクがキリン好きだからってライブでもたくさん貰ったんだよ

そしたら・・・・スタッフが台北空港に忘れてきたんだ・・・」


「う・・・う・・・僕のキリンさん達・・・ごめんね・・・エルフ・・・ごめんね」

ヒチョルの胸でシクシクと泣くリョウク・・・・

「おいっ泣くな!!!!!!忘れ物として処理されたんだろ? もうすぐもどってくるんだろ?」

ヒチョルはリョウクの髪をなでながら、優しく言った


この状況・・・昔だったら・・・超うぜ~とか言って遠ざけていただろうな・・・

ヒチョルも成長したな・・・リョウクといい関係になれて良かったな・・・

イトゥクは2人のやりとりを見ながらヒチョルの成長を感じていた


「あ゛ーっやっぱリョウク・・・うぜ~ぞ・・メソメソ嫌いなんだよ俺!!!!!!

キリンさん買ってやるから・・・泣くのやめろっ!!!!!」

ヒチョルの言葉にリョウクは

「ヒチョル兄さん・・・やっぱ変わってない・・・」と泣き笑いの顔でイトゥクに向かって言った


リョウクの方が役者が上だ・・・怖いぞ・・・イトゥクは心の中で呟いた・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。