上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【時のはざまの中で 番外編 5】 一番大切な人 後編


ハンギョンが仮面の男に殴りかかっていると

カンインとイトゥクがたどり着いた

現状を見てカンインは人を呼びに行き

イトゥクは自分の着ていたセーターを脱いでヒチョルに着せ

やさしく抱きしめた・・・

「イトゥク・・・ありがとう・・・」


ハンギョンは大事な友人に暴行をしようとした男を殴りつけた

怒りで頭が真っ白になるくらいの状態で殴りつけている

相手はもう気を失っているのにまだ殴り続けるハンギョン・・・


「ハ・・ン・・ギョン・・・もうやめて・・・そいつ死んじゃうよ・・・」

ハンギョンはヒチョルの方を向いて

「ヒチョルを傷つけた男なんて死んでしまえばいいんだ」吐き捨てるように言うと

ヒチョルがハンギョンの瞳をしっかりと見据えて

「俺・・・お前を人殺しにさせたくない・・・そんなムシケラみたいな奴・・・

お前がわざわざ手を下さなくても大丈夫だよ・・・・」


お前を人殺しにさせたくない・・・・

ヒチョルの言葉にハンギョンは我に返った

殴っていた手をとめてヒチョルを見つめる・・・・・・

ハンギョンの瞳から涙があふれてくる


僕の一番大切な人はヒチョルだ・・・今やっと分かった

友達としてじゃない・・・お姉さんに似ているからじゃない・・ヒチョルだから


カンインが大学校の職員を連れてやってきた時には

ヒチョルはハンギョンの腕の中で気を失っていた・・・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/131-efc76f6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。