上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.12 東の困惑
SJフィクション

【東の困惑】


2年3か月ぶりに

東方神起として活動を再開したユンホとチャンミン


テレビやラジオ雑誌のインタビューなど

毎日仕事に追われている・・・

今日これからラジオ局に向かうべく移動中の車の中にいた



チャンミン「疲れた? なんか浮かない顔してるよ・・・ユノ大丈夫?」

ユンホ「あのさ・・これから誰が待っていると思う?」



チャンミンは今日この後一緒に仕事をする人を思い出して

ちょっと笑って・・・・・



「今日はご機嫌いいのかなぁ」



「ドンヘ情報だと・・・最近丸くなったとの事だけど・・・・」



あ゛ーっ生放送で爆弾発言されなきゃいいけど・・・・・と

自分の全てを知り尽くしている性格の悪い最強のヒョンが

ラジオのDJをしている番組に出演する事にユンホは困惑していた




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*




ラジオの生放送は和気あいあいと進んでいった



今日のヒチョルは異常なくらいのハイテンションで

ユンホとチャンミンに話を振ってきた



(たしかに・・・丸くなった・・ドンヘの言うとおりだなぁ・・・)



頭の回転も良く、状況判断の巧みなヒチョルに感嘆するユンホ

最初は引きかげんだったチャンミンも段々とヒチョルワールドにハマってきて

ずいぶんとリラックスして話せるようになってきた・・・・



「さて~次のお題は「初恋」♪

お二人の初恋についてお願いします~♪」ヒチョルがお題を振る・・・



え?



ユンホはドキっとしてヒチョルの方を見た



「あの・・初恋の人は・・あのハンバーガーの・・・」


ヒチョルが「え・・・まさかあのハンバーガーの?????」


すかさずヒチョルがリスナーに解説をした


「僕らが練習生の頃、2人でハンバーガー屋でハンバーガーを食べてたんですよ~

で・・・そこに・・・その彼女が来て・・・・・・

なんなのよ~その横の女~って(笑)」



「彼女はヒョンを女性と間違えて・・・・僕は振られました」




当時の2人を知っているチャンミンは肩を震わせて笑いながら・・・・

ヒチョル兄さん・・・綺麗だったから・・・仕方ないよな・・と思っていた



その後

ヒチョルの物まねや巧みな話しぶりに

チャンミンは笑いが止まらなくなって大変だった



最後になぜか「俺を信じるか~」と手を差し上げて叫んだヒチョルに



「おー」とつられて右手を高々と上げてしまったチャンミン

自分の行動に吹き出してしまい笑いが止まらず椅子から落ちて

したたかに頭を打ってしまった・・・・・



ユンホはその姿をみて・・・・あ~ここにひちょる信者が一人増えたな・・・と

苦笑いをしながら見ていた



ラジオでチャラチャラと楽しそうに話をしているヒチョルだけど

この間のSM TOWNで自分達が東方神起として再活動のステージを見て

泣いていたのを知っている・・・・

ヒチョルもSJの中で辛かったの知ってるから・・・・それでも僕達の事を思ってくれてたんだ

兄さん・・・ありがとう・・・・

ユンホは、はしゃいでいるヒチョルを見ながら感謝の思いを感じていた・・・・・・・


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/135-ac590e4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。