上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【にらめっこ15番勝負 8】 シウォンの場合


「ヒチョル兄さん・・・何黙ってんの?」

ヒチョルが大きい瞳で瞬きもせずに

シウォンの事をじっと見つめている・・・・・

シウォンが何を言っても話さない・・・・・


この綺麗な瞳でじっと見つめられると魂を取られてしまいそうだ・・・シウォンは思う


お互いにしばらく見つめあった後・・・シウォンが口を開いた


「兄さん・・・やっと・・・俺の気持ちに気付いてくれたんですね」


想定外の言葉にヒチョルは目を見開いて驚いた


「そんな熱い視線を送って・・・もう・・俺・・・我慢できません!!!!」


シウォンが感激して泣きだした


「ちょっと・・ち・・ちがう・・・うわぁ~」

シウォンがヒチョルを抱き上げると寝室のドアをあける


「うわぁ~そんなつもりじゃねーんだよ~!!!!!

こら~!!!!!バカ馬~!!!!!離せ~!!!おろせ~!!!!!!!」


「ヒチョル兄さんたら・・・照れてそんな事・・可愛いんだから」

シウォンに担がれてベットに投げ出された


「バカ馬~!!!!!!!違うって言ってんだろっ!!!!!!!」


ボカっ!!!!!!!!!


拳骨をシウォンの顔に命中させてヒチョルは部屋から飛び出した


「油断も隙もあったもんじゃねぇ・・・・俺の貞操は守ったからな・・・」


「兄さん~その気にさせて・・・ひどい~」


シウォンの叫び声が部屋にむなしく響いた・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/158-d91df498

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。