上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.07 喧嘩
【喧嘩】

ガッシャーン

ヒチョルの部屋から物のぶつかるすごい音がする

リビングにいたイトゥクとドンヘがビックリして覗きに行くと

ヒチョルとハンギョンが喧嘩をしているようだった

どちらかと言えば、ヒチョルが一方的に癇癪をおこしている感じだ

ハンギョンはヒチョルをなだめようとして

いろんなものをぶつけられても我慢して立っている

「お前!!!!!うざい!!!!どっか行けっ!!!!」

「ヒチョルっ!!!!!!」

ハンギョンは真剣な顔をしてヒチョルを見つめる・・・

「お前なんか・・・・お前なんか・・・大嫌いだっ・・・」

「ヒチョル・・・話を聞いて・・・・」

小さい子供みたいにイヤイヤと頭を振るヒチョルを

ハンギョンは正面から抱きしめる・・・・

ヒチョルはその腕から逃げようとしてハンギョンの腕を叩く

どんなに叩かれてもハンギョンは怯まず、じっとヒチョルの眼を見つめる

「ハンギョンのバカっ!!!!!」

「ヒチョル・・・・」

ハンギョンはとても優しい声で名前を呼んだ・・・・・

ビクッ・・・

ヒチョルはハンギョンの顔を見つめた

あ・・・・

ヒチョルは溢れてくる涙をこらえることも出来ずにハンギョンを見つめる

「ゴメン・・・・」ハンギョンはそう言うと悲しそうにほほ笑んだ・・・

ドキン・・・

ヒチョルはハンギョンの胸に顔を埋めると・・・・

「俺のほうこそ・・・ゴメン・・・・」と呟く

「俺を置いて・・・どこにも行かないで・・・」とヒチョル

ハンギョンは嬉しくてたまらない顔でヒチョルを強く抱きしめる




「なんだ・・・もう仲直りか・・・」

イトゥクが残念そうに呟くとドンヘは

「原因ってなんだったんでしょうね~?」

イトゥクは

「知らないよぉ~多分・・・本人達も忘れてるよ~」というと

ケラケラと笑った・・・・

「みごとにバカップルだよね・・・・俺もヒチョル兄さんに甘えて欲しい」

そんなドンヘにイトゥクは

「ドンヘは・・・甘えられるよりも殴られるばかりだもんね」と言って

また笑った・・・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/18-b20807e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。