上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.22 大切な人 1
SJ妄想話

【大切な人1】 

「うわぁ~」

ダダダダダーン

ものすごい音と共に階段から人が転がり落ちてきた

テレビ局でのリハーサルの最中の出来事で

その場にいた人達はあわてて音のした場所までかけていった


階段の下にはSUPERJUNIORのハンギョンとヒチョルが倒れている

「おいっ!!!!大丈夫か!!!!」

2人は意識が戻らないまま病院に搬送された



「ここは?」

目が覚めたヒチョルは最初どこにいるのか理解できず

しばらくぼんやりしていた

「ヒチョル兄さん!!!!目が覚めましたか?」

リョウクが心配そうに顔をのぞいている・・・

「俺・・どうした? 体中痛いんだけど」

「多分・・・あのセットの階段から落ちたらしい・・・ハンギョンと」

イトゥクが状況を説明してくれた


ハンギョン?

ヒチョルは階段から落ちる前の事を思い出してベットから飛び起きる

「ハンギョンは? あいつは? どうした?」

「まだ意識は戻ってないよ・・・」

イトゥクがヒチョルの隣を指さして呟いた・・・

ヒチョルの寝かされていた部屋は三人部屋で

隣にハンギョンが寝かされている

あいたペットのあたりに心配そうなメンバーが座っていた

「何寝てんだよ~!!!!ハンギョン!!!てめぇ!!!!」

ヒチョルが殴りかけるような勢いでハンギョンの体を掴もうとする

「ヒチョル兄さん!!!!」

ドンヘがヒチョルに抱きついてそれを止める


ヒチョルがドンヘと揉めていると

「ハンギョン兄さん!!!!大丈夫?」

リョウクがハンギョンの意識が戻った事を皆に知らせる

「ハンギョン大丈夫か?」

イトゥクがハンギョンに声をかける

他のメンバーもみんなハンギョンのベットの周囲にあつまってきた


「・・・・・・・・・」

ハンギョンはぼーっとしたままメンバーの顔を見つめる

「頭を強く打ったようだけど内出血とかは見えなかったって」

イトゥクの説明もぼんやりと聞いている

「ハンギョン兄さん・・僕たちのこと分かる?」

ソンミンが心配そうに言うと

「ソンミン・・・リョウク・・・イトゥク・・・」

その場にいたメンバーの名前を次々にあげていって・・・・最後に

「・・・・・・・」

ヒチョルの顔を見ると名前が出ないでいる

思い出そうとしているが頭を抱えて

「ごめん・・・誰だっけ?」

ふざけているわけではなく本当に思い出せないでいる

ヒチョルは下唇を強くかんで必死に感情を押し殺していた

ハンギョンが本当に自分の事を記憶から消してしまっていると分かると

自分の手に刺さっていた点滴を引き抜き、病室を飛び出して行った・・・・

「ヒチョル兄さん!!!!!!!!!」

ドンヘの制止を振り切って出ていったヒチョルは病院の待合室の隅で1人うずくまる


バカ野郎・・・・

本当に俺の事忘れやがって・・・

ハンギョン・・・バ・・カ・・・



涙が後から後から溢れてくる



俺は・・・どうしたらいいんだよ・・・


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/189-08805dcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。