上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ヨジャスイッチ】

ユンホは日本での東方神起の活動がひと段落ついて韓国に戻ってきた

久々に事務所に顔を出すとレッスン室でSJがレッスン中と聞き

ちょっと顔を出す事にした・・・・


扉をあけると・・・ちょうど休憩中・・・

ボケっとしているドンヘと目が会った

「ドンヘ~久しぶり・・・なにボーっとしてんだよ~」

「あーっ♪ユノ~日本から戻ってきたんだ~♪」

ドンヘは人懐っこい笑顔でユノに抱きつく

「ヒチョル兄さんは? 兄さんにも挨拶しなくちゃ」

ユンホの言葉を聞いて・・・ドンヘは部屋の隅を指さす・・・・・

ユンホがそっちを向くと・・・・・・

休憩中のヒチョルがハンギョンと並んで座っていた


あれ?


何だろう・・・ヒチョル兄さんの雰囲気が違う・・・

ユンホは不思議に思いながら、ヒチョルの姿を目で追っていた

ハンギョンと何かを話していて笑っているヒチョル・・・

その笑顔がすごく綺麗で、ユンホはドキドキしながら見つめる

その姿を見てドンヘは

「今・・・ヒチョル兄さんヨジャスイッチ入ってるよ・・・」

「ヨジャ? ヨジャスイッチ? 何だよそれ・・・・」

「ハンギョン兄さんの前だけで入るスイッチ・・・残念ながら俺達ではダメなんだ

ユノ声かけてきたら? すぐに意味分かるから・・・・」

ドンヘに言われて首をかしげながら、ユンホはヒチョルに声をかけた

「ヒチョル兄さん・・・今戻ってきました」

ユンホに声をかけられて、ヒチョルは振り向き

「おお~っユノ~!!!!!!久しぶりじゃん~日本はどうだった?」

笑顔で答える・・・・でもさっきと違う・・・いつものヒチョル兄さんだよな・・

しばらくヒチョルと談笑しているとSJの休憩時間が終わった

「悪いな~ダンスレッスンの続きだ・・また連絡くれよ」

ユンホの肩を拳骨で軽く叩くとヒチョルはウィンクして笑った

「ヒチョル・・・」ハンギョンがヒチョルを呼ぶと

「うん・・・今行く・・」と嬉しそうにハンギョンに笑顔を向けるヒチョル







違う・・・・

ユンホはヒチョルの笑顔がハンギョンに向けたものが自分達のと違う事に気付いた

本当の女の子みたいにすごく可愛い笑顔を向けている

そう・・・・恋している女の子みたいに・・・・・・

ドンヘが言っていた「ヨジャスイッチ」ってこれか・・・・・

あの兄さんの事だから・・・計画的な事はできないから・・・

きっと本能的なものなんだろうな・・・・・嘘つけない人だし・・・・・

ハンギョン兄さんの事が好きでたまらないんだろうな・・・


昔から可愛がってもらっていたユンホは

自分の知らないヒチョルの姿を見て・・・・ちょっと寂しく感じていた

ユンホがレッスン室から出て行く時にドンヘが

「俺も・・・あんな顔で見つめてもらいたいな・・・」と呟いたので

「お前はみんなの彼氏でいいじゃん・・・ヒチョル兄さんを恋人にしたら

すっげー大変だぞ・・・」ユンホは真面目な顔をして忠告する

ドンヘは恋人にした姿を思い描いて・・・ブルっと身震いをすると

「うん・・・ヒョンでいいや・・・」と苦笑いをした

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/23-f0869d2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。