上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.07 七夕伝説
【七夕伝説】パラレルおばかver.


「ヒチョル織姫さま~今日の天気は雨みたいですよ~」

侍女のソンミンが織姫の読み散らかした雑誌をまとめながら言った

「ヒチョル織姫さま~お茶がはいりました~」

侍女のリョウクが笑顔でお茶を運んでくる

「うわ~いい香り~リョウク~このお茶ってミーミオンニの?」

「はい!!!!ミーミオンニの特製のハーブティです~」

侍女の2人がきゃっきゃっと騒いでいる横で

ヒチョルが物憂げな表情で、窓から外を眺めている


なんで・・なんでいつも雨なんだよ・・・バカ・・・


ヒチョル織姫は合コンで一目ぼれした人がいた

相手も自分に一目ぼれしてくれていて

2人は一気に盛り上がり愛し愛される関係となった

しかし2人はひと時も離れることができずに

毎日いちゃついてばかりの生活に溺れてしまっていた

そして父親である天の神の怒りを受けてしまい

2人は離れ離れの生活を強いられた

愛する人と離ればなれになった織姫は毎日泣いて暮らしていた

ヒチョル織姫のあまりの悲しみにさすがの父神も

一年に一度だけ会う事を許してくれた



それが七月七日・・・今日だった


雨が降ると2人の住んでいる間を流れる天の川の水かさが増し

わたりづらくなる・・・そして何故か最近は2人の再会を邪魔する輩も現れてきた


「ヒチョルさま~彦星さまとは何時のお約束ですか?」

「ん・・10時に橋の所で待ち合わせ・・それから映画みて食事して・・」

「毎年代わり映えしないですね~」ソンミンがヒチョルの着ものを取り出して並べながら

「今日はどれをお召しになりますか? 私はこのオレンジ系が合うと思います」

「この薄紫も似合うと思います~」リョウクが横から口出しをする

「なんでもいいよ・・お風呂入ってくるから・・コーディネイトしておいて」

ヒチョル織姫はそう言い放つとお風呂場に向かって行った

「なんか元気ないね~」「そうだね~」

「最近、橋の番人のカササギウニョクの悪い噂聞いたわ」

突然2人の侍女の話に割り込んできたものがいた

「ミーミおんに~♪」「おかえりなさい~♪」

チョウミが偵察から戻ってきたのだった

「再会を邪魔する人達って分かりましたか?」

「天候を司るところのシウォン神がどうやら織姫に懸想したようだわ」

「そういえば・・姫様のところにディナーの御誘いがありましたね」

「そしてカササギウニョクを買収して、彦星の足止めを企んでいるようね」

「え~橋が渡れなかったら2人は再会できないじゃないですか~」

ガタン・・・

風呂から上がったヒチョル姫は三人の話を偶然に聞いてしまった

「会わせないつもりなんだ・・・こっちにも考えはある・・・」

ヒチョル姫は電話を取り出すとどこかに電話をかけた





「どうして橋が通行止めなんですか」

ハンギョン彦星が橋のふもとで押し問答をしていた

「今日は工事中だから誰も渡れないんだよ」

あきらかに嘘と思われる言いわけにハンギョンはブチ切れた

約束の時間に間に合わなくなる・・・ヒチョル姫はへそを曲げるだろうか

それとも悲しそうに泣いているだろうか

「ヒチョル姫~待ってて下さい!!!!必ず会いに行きます!!!!!」


ハンギョンは橋を渡るのを諦めて

川幅の一番せまそうな場所まであるいてきた

こうなったら泳いで渡るしかない・・・・

途中で足がつっては大変と念入りに準備運動をしていた時だった



バララバララ・・・・


空から凄い音が聞こえてきた

ハンギョン彦星が空を見上げるとヘリコプターがこっちに向かっている

「ハンギョーン」

ヘリコプターを操縦しているのはヒチョル織姫だった

「そのロープにつかまって~!!!!!」


ハンギョン彦星はヘリから下がっているロープにつかまると

腕の力を頼りに本体まで登ってきた

その間ヘリコプターは同じ場所でホバリング中だ

ハンギョンが助手席に落ち着くとヘリコプターは上昇をはじめた


「ヒチョル姫・・あなたがヘリを操縦するとは・・驚きです」

「ここ2年間かけて操縦免許を取得したわ・・・この日の為に・・・」

ヒチョル織姫は美しい笑顔をハンギョン彦星に向けると

「やっと会えた・・・」

ハンギョンは操縦の邪魔にならないようにヒチョル姫の手を握る

「私も会いたかったです・・・愛してます・・・」

「ハンギョン・・・私の為に全てを捨てることはできる?」

「え?」

「このまま全てをすてて2人で駆け落ちでもする?」

「ヒチョル・・・私はあなたのためだったら何でもできます」


ハンギョンの言葉にヒチョルは満足げに微笑むと

ヘリコプターをまだ見ぬ知らない遠国にむけて方向転換をしたのだった







川のほとりにいたヒチョル姫の3人の侍女たちは


「ひちょるさま・・・本当に行っちゃった~」

「駆け落ちするためにヘリの操縦を習っていたなんて・・」

「姫様~最高~!!!!!!」

ヘリコプターが見えなくなるまで手を振り続けていた・・・・・




おしまい


去年の7月7日はM&D活動でしたね・・・唯一のテレビパフォーマンス・・・
一年って早いです・・・・


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/230-2eee7a61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。