上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Eternal Ⅱ~海辺のまち】1


「ドンヘ~ここにいたの?探したわよ」

「かあさん・・・」


海辺のすぐ近くにある漁師小屋に座っていたドンヘが

声をかけられた方にむかって振り向いた


「父さんが急に逝っちゃって・・・一カ月経つのね・・・」

ドンヘの母親は彼の隣にすわってぽつりとつぶやく

「本当に急に倒れて逝っちゃったから・・・ここもあの日のままになってるわね」


ドンヘの父親は漁師だった

今彼らの座っている漁師小屋でいつも道具の手入れなどをしていた

ドンヘの記憶の中では口数の少ない寡黙な父親が

ラジオを聞きながらここで仕事をしている・・・それが彼の父親のイメージだった

「俺が・・ここかたずけるから・・・かあさんはまだ辛いだろう?」

ドンヘの言葉に母親は笑顔で答える

「そう言えばアンタの友達が住んでいた離れの家・・町会長さんが借りたい人いるって・・」

「え?」

「一カ月ばかり逗留したいって人がいて・・・この町は旅館とかないでしょ?

ちょうど一か月前に引っ越しして今空き家だって言ったら、是非に・・・って」

ドンヘの瞳が悲しげに揺れた・・・が母親は気付かずに話を続ける

「それでね・・・今お見えになってるんだって・・鍵はアンタが持ってるでしょ

一緒に行ってくれる?」

「う・・ん・・」

ドンヘは何かをふっきるように立ち上がって

母親と一緒に漁師小屋を出ていった






「ハンギョン!!!すごいよ!!!この家!!!!リビングから海が見える」

ヒチョルが小さい子供の様にはしゃいでいた

ハンギョンはそんなヒチョルを優しく見つめる

「どうですか? 気にいっていただけましたか? 一カ月の期間でよろしいでしょうか?」

「ああ・・それで結構です・・・前金でお支払いします」

町会長に言われてハンギョンは財布を取り出した


「こちらがこの家の大家になりますパク・ソヨンさんと息子のイ・ドンヘさんです」

町会長に紹介されてヒチョルとハンギョンは挨拶をする

「私はハンギョンです・・こっちはヒチョル・・私は留守にすることが多いですが

ヒチョルが逗留する事になるので一カ月よろしくお願いします」


(うわっ・・・綺麗な人・・男? 女?どっちなんだろう)

ドンヘはヒチョルの顔から目が離せないでいた


「うわっ・・こんなに・・多すぎます・・一カ月ですよね」

ドンヘの母親はハンギョンから家賃を渡されて

その金額の多さに驚いている

「いえ・・受け取って下さい・・・

無理に貸していただくわけですから・・本当に助かります」

「ヨロシクお願いします」ヒチョルがニッコリと微笑む


ヒチョルの美しさに母親が息を飲むのを

ドンヘは隣で見ていた

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/264-b3192a89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。