上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.12 cafe 賛美歌 13
【cafe 賛美歌】13


クリスマスまであと一カ月となった11月下旬

すっかり寒くなったソウルにあるcafe 賛美歌は

ほとんど室内客ばかりで

外のテーブル席は誰も座らなくなっている


ギャルソン達も制服が寒くて仕方ないのに

いつも笑顔を絶やすことなく接客をしていた


今日はハンギョンが会いに来てくれる日・・・・

知りあってから毎日のように会っていた2人が

ここ一週間連絡を取り合っていない

ヒチョルは自分なりに考えて返事を用意していた


一年・・・たった一年・・・多分きっとすぐに過ぎるだろう

この間ウニョクに頼んでskypeもPCで使えるようにしてもらったし・・・

顔が見られて声が聞ければ・・・大丈夫だろう・・・


「ヒチョル兄さん!!!ハンギョンさんが来たよ」

ハンギョンは外のテーブル席にすわり

ヒチョルに向かって優しい微笑みを送る・・・


あ・・・

ヒチョルはその微笑みを見て胸が苦しくなる

「キリマンひとつ・・・」

ハンギョンはオーダーをとりに行ったウニョクにそう告げると

寒そうに身震いをひとつする



「おまたせしました」

ヒチョルはハンギョンにコーヒーを持っていくと

辛そうな顔をしてこの間の返事をする

「ごめん・・・やっぱ・・俺・・アメリカに行けない」

ハンギョンは驚いた風もなく

「そうか・・・」とだけ言った

「でもハンギョンが嫌いになったわけじゃないよ

ただアメリカに行っても言葉わかんねーし・・・

この店やめたくない・・って・・・

この間 skypeセッティングしたんだ・・

だからあっちでハンギョンが連絡してくれたら

毎日顔をみて話す事はできるから・・・」


「うん・・多分そうなるだろうって思ってたから

ヒチョルはこの店と仲間と

離れることはできないって感じてたから

別に驚いてないよ・・・・」

ハンギョンはそう言うとヒチョルの手を握ってニッコリと微笑んだ


ドキン・・・

ハンギョンに握られた手がものすごく熱くなってくる

「明日の・・・夕方の便でロスに発つから・・

せめて・・・仁川までは見送りに来て欲しいな・・・」

ハンギョンはコーヒー代をテーブルに置くと

悲しそうな瞳でヒチョルに微笑んだ



あっ・・・・


去っていくハンギョンの後ろ姿を見ながら

ヒチョルの胸が押しつぶされそうに苦しくなってくる


「ヒチョル兄さん・・・本当にこれでいいの?」

いつの間にかヒチョルの横にきたソンミンが険しい顔をして聞いてくる

「・・・・・・・」

「ヒチョル兄さん・・・skypeはハグしたりキスしたりしてくれないよ」

リョウクのひと言にヒチョルの肩がピクリと動いた

さっきハンギョンに握られた手が熱い・・・


もうあの胸に抱かれる事も優しいキスをされることもしばらく出来ない・・



「いやだ・・・」ヒチョルの口から言葉がもれた

一度言葉が漏れるとハンギョンへの気持ちがあふれ出て

止まらなくなってくる


助けてもらった時に自分を見て微笑んだハンギョン

病室で自分を笑わせようと必死になっていたハンギョン

自分の事を好きだと言って優しくキスをしてくれたハンギョン


いままでの2人で過ごした思い出がヒチョルの頭を駆け巡る

もう・・会えない・・抱きしめてもらえない・・・キスしてもらえない・・


「いやだ・・いやだ・・ハンギョン・・・

俺を置いていかないで・・・・」




ヒチョルの言葉にハンギョンは驚いて振り向く

自分に向かって泣きながら走ってくるヒチョルの姿をみて

ハンギョンは嬉しさと愛おしさで笑顔をむけて両手を広げた


ヒチョルがハンギョンの胸に飛び込むと強く抱きしめ

「一緒に来てくれるのか?」とヒチョルの耳元でささやく


「俺は・・・ハンギョンがいないと生きていけない・・

アメリカでもどこでも連れて行って・・・・俺を離さないで・・」


ヒチョルの顔は涙でぐちゃぐちゃになっている

そんな顔をとても愛おしいとハンギョンはやさしく指で涙をすくう

「もう・・・離さないから・・・覚悟して・・」

ハンギョンはそう囁くと

ヒチョルの顔を両手で大事そうに覆う・・・

そしてその愛おしい唇に自分の唇を重ねた

ヒチョルは体中を駆け巡る甘美さに酔いしれ

ハンギョンを心の底から愛していると実感した






cafe 賛美歌にいた天使は

自分の幸せを求めて愛する人の元に旅立って行った
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/304-1a72cb01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。