上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  SJ創作話


【月と子猫とハンギョン】 その1


残業で疲れた体を引きずりながら

ハンギョンは家路を急ぐ・・・・

先日付き合っていた彼女の二股が判明して別れたばかりで

仕事でもプライベートでもいい事がなかった

すっかり暗くなって人気のなくなった公園で

缶コーヒーを飲みながら

しばらくぼーっとしていた・・・・

そう言えば数日前にここの公園の入り口で

ぼろ雑巾のように汚くなっていた猫の死体を見つけ

可哀そうに思って公園の片隅に穴を掘って埋めてあげたっけ・・・

そんな事を思い出して埋めた場所に行って手を合わせていた


すると・・・・


にゃお・・・・


え?

ハンギョンの足元に何かが擦り寄ってきた

よーく見ると子猫だった・・・・


みゃお~

ハンギョンの顔を見ると子猫は嬉しそうに鳴いた


「お前もひとりなのか?」

そっと抱きしめると子猫はとても温かかった


子猫はハンギョンの瞳をまっすぐ見つめている・・・・

このまま公園に捨て置くわけにもいかず

ハンギョンは子猫を自分の家に連れて帰る事にした



家に着くと子猫をソファにそっと置く・・・

ハンギョンは頭を悩ませた

犬は飼った事はあるけれど、猫は初めてだ・・・

何をどうしたらいいのか・・・・・

とりあえず冷蔵庫からミルクを取り出し

皿にあけて子猫にあげる

子猫は嬉しそうにミルクをピチャピチャとなめ始めた


「お前よく見ると汚いな・・・猫って洗っていいのかな?」

タオルをお湯で浸して体を拭いてあげる

意外に子猫は嫌がらずに気持ちよさそうな顔をしていた

ドライヤーを軽くかけて乾かしてあげると・・・・

「お前・・・すごく美人さんだったんだな・・・」

公園で拾った猫は見違えるようになった

グレーの体に青い瞳・・・血統書でもついているような

とても美しい猫だった

美人と言われて子猫は「みゃあ」と鳴く

まるで人間の言葉が分かるように・・・・

ハンギョンは優しく微笑むと

子猫を優しく抱きしめる・・・・

子猫はハンギョンの腕の中で安心して眠った

「お前・・・俺と暮らすか?」

ハンギョンは自分のベットの中に子猫を入れて

潰さないようにそっと抱きしめながら自分も眠りに着いた



ハンギョンと子猫の奇妙な同居が始まった・・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/35-5b677c14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。