上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【シナ・ワールドへようこそ】~4~   時のはざま青春編 おバカver.


遊園地ゾーンで散々絶叫させられたハンギョンは

ヒチョルの満足している表情を確認してから

「プールの方に行って見ようよ」と言った


ヒチョルは少し躊躇しながら

「俺・・・水着もって来てないし・・・」と返事をすると

「売ってるからさ・・買えばいいよ・・・・

とりあえず行って見よう?」



プールゾーンではドンワンが子供たち相手に大張りきりだった


「おなら大魔神の攻撃~!!!!!」

「きゃあ~おなら~おなら~♪」

幼稚園児に囲まれてドンワンはおならのポーズをとっている

子供たちは大喜びだ


「ここの監視員さんって子供が好きなんだね~」

それを見ていたイトゥクが感心した様子で呟いた

イトゥクは水着の上にTシャツを羽織った姿でプールサイドに座っている

カンインはその膝に頭をのせて日向ぼっこをしている

結局プールに来ても2人はいちゃついているだけで

プールには入っていなかった


「おっ・・・あの麦わらの監視員って・・・元アイドルの1人じゃん・・・」

カンインはイトゥクの言葉を聞いて監視員の方を見つめて驚いた

「元アイドルってシナっていうグループの人?」

イトゥクは家庭の事情で家にテレビがなく

昔のアイドルの顔はよく知らなかった

「ああ・・・俺が子供の頃まではポスター貼ってあったから・・

メンバーの顔と名前はなんとなく分かるんだ」

「じゃあ・・・ここのオーナーさんだね~

それにしても麦わら帽子が似合いすぎてバイトの監視員に見えるね」

イトゥクは小さく笑うと

「確かにな・・・」とカンインも笑った


ドンワンはウォータースライダーの乗り口で

子供たちを大きな浮輪に乗せていた

「いやぁ~今日は子供ばかりだな・・・あそこにカップルいるけど・・

あれは入る気ないな・・・大人はプール来ないのか~い???」

楽しそうにひとりごとを言うと

子供相手に おなら体操の歌を歌うドンワン

子供を次々に浮輪に乗せてスライダー口から投入していた



「ハンギョン~あれいいなぁ~」

ヒチョルはウォータースライダーを見つけて指さして叫んだ

「乗りたいの?」

「すっげー楽しそうじゃん!!!!!」

「じゃあ・・水着買わないと・・どこで売ってるんだろう?」

「あの麦わらの監視員さんに聞けば分かるんじゃない?」

ヒチョルはハンギョンの腕を掴むとスライダー乗り場に向かっていく


「あれ? ヒチョルだ・・洋服着たままだよ・・」

イトゥクがペットボトルの水を飲みながらのんびりとカンインに言うと

カンインも不思議そうにその様子を見つめていた



「すみませーん!!!!スライダーに乗りたいんですけど~

水着忘れちゃって・・・どこで売ってますか?」

階段の下からヒチョルはドンワンに向かって叫ぶ


うわっ超可愛い子だ~

ドンワンはヒチョルの可愛らしさにテンションが異常に上がってしまい

「水着なくてもいいよ~おいでおいで」と手招きする

手招きされたのでヒチョルは首をかしげながらも

ハンギョンの手をひいて階段を上がって行った



「オキナワstyleで行こう~!!!!」

ドンワンはテンション高いままヒチョルに告げる

「オキナワ????」

「オキナワに住んでる人は水着きないで

洋服のまま海に入るんだよ~

だからオキナワstyleでレッツゴー!!!!!」

ヒチョルはドンワンに浮輪に乗せられてスライダー口から投下された


「うわっ!!!!!ヒチョル~!!!お前・・着替えがないぞ~!!!!」

ハンギョンの叫びもむなしくヒチョルは長い滑り台をすべりおりて

下のプールに投下された


「はいっ次の君もオキナワstyleでね~」

抵抗する間もなくハンギョンも洋服のまま浮輪に乗せられていた


「すっげー楽しい~!!!!」

洋服がずぶぬれになってしまったがヒチョルは気にする事なく

その後も何度も子供たちにまじってスライダーを楽しんだ

ハンギョンもずぶ濡れになったので半ばやけくそで付き合う

ヒチョルの笑顔を見ていたら

洋服が濡れた事など他愛もない事に思われ

2人は気の済むまでスライダーを楽しむ事にした




「あーあヒチョル達・・・ずぶぬれだね・・着替えないのにね」

「大胆な奴らだな・・・帰りどうすんだよ・・俺知らないぞ」


プールサイドにいたイトゥクとカンインは

呆れたように2人の様子を見つめていた
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/388-090f54a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。