上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみません・・・想定外の虫歯話がちょっとずれてしまい

軌道修正するのに時間ください

帰省中の車の中で思いついた話があるので(私は助手席でお気楽妄想してました)

ここで上げさせてもらいます・・・・おばかVer.です



【恋人は侵略者】1


今年のソウルの夏は異常に暑く

平年を大幅に上回った猛暑日が続くなか

ヒチョルはあまりの暑さに眠れなくて夜の散歩に出ていた

エアコン付きのアパートを借りていたが

そのエアコンの調子が悪くて外の方がまだマシかと

人気のない道をふらふらと歩いていたのだった


ヒチョルは人並み以上の美貌を持っているのに

恋人と呼べる相手もいないままアラサーを迎えていた

激しい人見知りが災いし友達もあまりいなく

区役所という地味な職場で平凡な日々を過ごしていた


少し歩いたところに小高い丘があり

ベンチや滑り台などが設置されていて

ちょっとした公園になっている

さすがに熱帯夜の今夜は人っ子ひとりいなかった

ベンチに座って空を見上げて物思いにふけっていると

ヒチョルの視界のすみを閃光がよぎった

「え? なんだ?」

小さな爆発音がして

隕石か何かが落ちて爆発したようにヒチョルは思った


「うわっ~!!!!人が倒れてる~!!!!おいっ大丈夫か!!!!」

音のする方に走って行くと人が倒れていた

辺りはきな臭いにおいが漂っている


ヒチョルは公園の手すりを乗り越えると

丘の傾斜部分で倒れている人物へ駆け寄って声をかけた

暗くてよく見えない中

倒れている人物を抱き起こして頬をたたく

「おいっ!!!!大丈夫か???しっかりしろっ!!!!」

うっ・・・・

ヒチョルの腕の中でその人物は眉をしかめてうめき声をあげた


そして瞳をひらく・・・

(うわっ・・・こいつ綺麗な顔してる・・・)

腕の中の男性がヒチョルをじっと見つめる

ヒチョルは男性の端正な顔に見入ってしまい

頬をほんのりと染めて視線をそらした

「お前・・・・どっか怪我してねぇか?」

ヒチョルの顔をじっと見つめたまま

男性はしばらく考え込んでから首を左右に振った


ヒチョルは男性の様子を観察しながら

おそるおそる訪ねる

「お前・・・口きけねーのか?」

男性はまたもヒチョルの顔をじっと見つめたまま

しばらく考え込んでからコクンと頷いた




熱帯夜・・・ヒチョルは端正な顔をした男性を拾ったのだった
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/425-4c814374

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。