上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも遊びに来て下さる方々ありがとうございます

今書いているEternal ・・・少し煮詰まってます

なので気分転換にショートstoryを書きました

おばかversionなので良かったらお付き合いください


[ハロウィンの奇跡]


10月に入ってから

ヒチョルは本格的にスーパージュニアとしてライブに復帰した

SMタウンの最初の合流は北京から

中国はヒチョルにとって大事な国だ

もしかしたら老後は住むかもしれない・・・と

ほそぼそとではあるが中国語の勉強もしている



ただ残念な事にヒチョルの最愛の人は

ハリウッド映画の撮影のために母国には滞在していなかった


せっかく俺様が北京に行ってやるのに・・・なんでアメリカにいんだよ・・・


ヒチョルは金浦から北京行の飛行機の中

心の中でハンギョンに対して軽く毒づく・・・

それだけでは腹の虫がおさまらないので

隣の席のカンインに八つ当たりまでしていた・・・


北京公演が大成功で終了し

ライブパフォーマンスも日本公演後には

すっかり勘を取り戻すことができた

ライブ以外にもテレビ出演などスケジュールは詰まっている

日々の多忙さにようやく慣れてきたころ

宿舎がオレンジに装飾されているのに気付いた


ああ・・・今日はハロウィンか・・・

ヒチョルはかぼちゃの飾りを指でかるくはじくと

ハンギョンがまだ宿舎にいたころのハロウィンを思い出していた


自分達の力がまだ無限だと信じていたころ

毎日が忙しかったけど、それなりに楽しかったあの頃


ハンギョンはハロウィンの事を知らなかったので

ヒチョルはデタラメな事をハンギョンに吹き込んだ

後でハンギョンに散々怒られたっけ・・・そんな事あったな・・

ヒチョルは遠い目をしながらお化けの飾りをひとつ掴むと

自室のドアを開けた


にゃう~


「ヒボム・・・お前なんだよ・・・」

ヒチョルのベットの上に

魔女の帽子をかぶったヒボムが瞳を三角に細めて笑いながら座っていた


「まるでチシャ猫みたいだな・・・どうしたんだ?」

ヒチョルがヒボムを抱き上げようとしたその瞬間

ヒチョルの部屋が回転してどこかの宮殿の一室に変わった


はあ?

ヒチョルが驚いて周囲を見回していると

綺麗な服を着た小姓がヒチョルのもとにやってきた

「ようこそ・・あちらの部屋で主様がお待ちです」


ヒチョルは促されるままに主とかが待っている部屋に入っていった


これは・・夢だ・・・絶対に・・・

ヒチョルは目の前の人物を見つめて心の中でつぶやく


「ヒチョル・・・久しぶりですね・・・会いたかったです」

「お前・・・今から仮装パーティにでも行くのか・・・」


ヒチョルの目の前につばの広い黒い帽子に黒いマントという

ベタな魔法使いの姿をしたハンギョンが立っていた


「今日はハロウィンですよ・・・ヒチョルだって魔女の姿してるじゃない」

言われて自分の姿を見ると

いつの間にか黒いマントをつけている


「やっぱりヒチョルには似合わないね・・・ほらマント外して」

ハンギョンは自分の着ていた魔女の服を脱ぎ捨てると

ヒチョルのマントを手早く脱がす


黒いマントの下にはタキシード

ハンギョンは白のタキシードで

ヒチョルは光沢のあるシルバーのタキシードだった


「今からパーティに行くから正装じゃないとね」

ハンギョンはウィンクをするとヒチョルの手をとってエスコートする


「パーティって・・・何だよ・・・」

ヒチョルが怪訝そうな顔をしてハンギョンに問いかけると

ハンギョンは楽しそうにほほ笑みながらヒチョルの耳元でささやく

「何って・・私たちの結婚式ですよ・・今更嫌だとは言わせません」


はあ????


ヒチョルは驚いてハンギョンを見つめるが

ハンギョンはしれっとした顔をしてヒチョルの横でほほ笑んでいる


いつの間にか教会の中にいて二人の前には神父が聖書を持って立っていた


指輪の交換が終わった後に誓いのキスとなり

ヒチョルはハンギョンから濃厚な口づけをされて体中の力が抜けそうになった


瞳からは涙があふれて止まらない


普通はこの場でのキスって・・・誓いのキスだろう・・舌なんか入れるなよ


ヒチョルの心の叫びをハンギョンは無視して

ヒチョルの唇を丹念に味わっている



あああ・・・俺は・・やっぱり・・・お前じゃないと・・ダメだ

愛している愛している・・・俺の事をしっかり捕まえて・・離さないで・・


教会からいつの間にか寝室のベットに2人で抱き合っていた


ハンギョンはヒチョルの耳元で何度も繰り返し愛の言葉を告げる

その言葉をうけてヒチョルは愛の波に身を任せる

2人の世界には誰も入り込めない

ヒチョルはハンギョンの愛撫を体中にうけながら絶頂を迎えて意識を手放した






にゃう~


ん?

ヒチョルは自分の顔をヒボムに舐められて目が覚めた

どうやら自室のベットで寝てしまっていたようだった


「俺・・・かなり欲求不満・・・そんなにあいつとヤリたかったのかよ」

今まで見ていた夢があまりにもリアルだったので

ヒチョルはヒボムを抱きしめて恥ずかしそうにつぶやいた


「こんど・・・あいつと会えるのはいつなんだろう・・・・

撮影が終わったら・・多分連絡くれるだろう・・・

俺たち・・・まだ・・・別れてないよな・・・・」


ヒチョルの瞳から涙が一筋ながれてきた

あわてて手で拭おうとして右手に何かを握っている事に気づく




さっきハロウィンのおばけの飾り持ってきちゃったっけ・・・


そう思って手を開くとそこには思いがけないものが入っていた




うそ・・・だろ・・・・


ちょうどそのときヒチョルの携帯が鳴った


ハンギョンからの電話だった




そしてさっきの事はあながち夢ではなかったのだと考える



ヒチョルが握っていたのは

小さな超合金でできたロボットのトランスホーマーだったからだ







おしまい





なんかよくわからない話でした・・・すみません・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/451-3cd67e57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。