FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[がちゃがちゃ] 後編


「クン~!!!!何か荷物が届いたみたいだよ」

北京のハンギョンの自宅に宅配便が届いた

遊びに来ていた友人のクニオが

お茶を入れているハンギョンに向かって声をかける




「なんか日本から荷物きた・・・ファンからの贈り物かな?」

ハンギョンは玄関先で受け取った大きな荷物を

よいしょとリビングまで運んできた


「お前・・ファンは自宅には荷物送らないでしょ・・

送り主不明だったら開けない方がいいぞ」

クニオは眉間にしわを寄せて真剣にハンギョンに忠告をする


バリバリ

え?

段ボールをやぶく音がする

「クン!!!!お前~今俺が忠告したばかりなのに・・」

心配そうなクニオの視線も気にすることなく

ハンギョンはニコニコしながら荷物を開け始めていた


「あ~ガンダムだぁ~」

小さい子供の様にハンギョンは大喜びで包装をやぶいていく



「これって・・・おもちゃ屋やゲーセンに置いてあるがちゃがちゃじゃん

300円って書いてある・・・お金必要なんじゃないのか?」

クニオの心配をよそにハンギョンは鼻歌交じりで添付されている注意書きを読んでいた

「すごいよ~クニオ~注意書きは中国語で書かれてるよ~」

日本のコインも少し同封されているようで

さっそくハンギョンはコインを入れてがちゃがちゃし始めた


クニオが説明書を読んでいる間

ハンギョンはカプセルをいくつか出して遊んでいたが

がちゃがちゃの上に張り付けてあったカードに気づいて

静かにそれをはがし大事そうに胸に抱きしめた


ん?

突然静かになったハンギョンに気づいたクニオは説明書から目を上げた

「クニオ~これ見て~」

ハンギョンが嬉しそうにクニオに見せた名刺大のカード

そこには『From 希』とだけ書かれている


「さすがだなキミチョルからのプレゼントか・・・

お前らってなんだかんだ言ってても繋がってんだな・・・」


小さい子供の様にカプセルから出したガンダムのおもちゃを

嬉しそうに並べているハンギョンを見て


(キムヒチョル・・・何でも分かってんだな・・すげ~なぁ・・)

クニオは長年の親友のそんな様子をながめながら

心の中でキムヒチョルという人物がどれだけハンギョンの事を理解しているのか

痛感するのだった
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/455-fb755730

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。