FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.21 桃源郷 6
[桃源郷] 6


~北京国際空港~

「イトゥク兄さん~!!!!リョウク~!!!!」

イトゥク達が手続きを終えてゲートから出てくると懐かしい顔が2人を迎えた


「ミーミオンニ~!!!!」

リョウクが嬉しそうに手を振るとひときわ目立つ長身のスーツ姿の男性が近寄ってくる

「ご無沙汰しています・・北京では僕がご案内します」

「チョウミ・・・元気そうでよかった・・・」

イトゥクは久しぶりに会う、かつての仲間のチョウミをやさしく抱きしめた

「シウォンはスケジュールの関係で直接葬儀に参列するそうです」

スーパージュニア M のメンバーだったチョウミは「卒業」後は中国に戻り

モデルと俳優の仕事で成果を収めていた

同じくMのメンバーだったヘンリーは

今では拠点をアメリカに移し音楽を中心に活動をしている

チョウミの用意した車に2人が乗り込むとさっそくハンギョンの話となる

「ハンギョン兄さんは映画を中心に活動していたので

あまり接点はなかったんですけど・・・たまに電話で話をしたりしてました

でも・・最期に話したのは春先ぐらいだったかな・・・」

「ミーミオンニも入院の事知らなかったの?」

「入院して闘病していたのは

本当に限られた人しか知らなかったみたいです・・・

本人もすぐに復帰するつもりだったから余計に内密にしてたようです」

「ハンギョン・・・・」

イトゥクの瞳に涙が溢れてくる・・・リョウクはそっとハンカチを差し出した

「とりあえず僕の家で着替えてください・・・知り合いの芸能記者に聞いたら

ヒチョル兄さんはハンギョン兄さんの家族と行動を共にしているようです」


「すまない・・・ヒチョルのヤツ全く携帯に出ないから・・

どうなってるのか心配だったんだ・・・」


イトゥクの言葉を聞いて

チョウミはヒチョルの心の中を推し量って言葉が出てこなかった




最愛の人が逝ってしまった後・・・自分だったらどうするんだろう・・・

今まで考えてもみなかった事にチョウミは思いをはせる


ヒチョル兄さん・・・みんなが心配しています・・・



イトゥク達を乗せた車は夕暮れ時の北京の道を静かに走って行った
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/475-1bc64df2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。