上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.18 レラ姫様 ①
【レラ姫様】 その①

昔々のお話です



SM連合国に所属する国で

シュジュ王国という国がありました



カンインという王様が統治していました

その王様が尻に惹かれるほど大好きなお妃さまが

近隣国でも美人で有名だったイトゥク妃



そしてその2人の間に

大きな愛らしい瞳の 天使が舞い降りたのではないかとまで噂されるほど

とってもとっても美しいレラ姫がおりました



その姫さまのあまりにも愛らしさに

カンイン王もイトゥク妃も眼に入れても痛くない程の溺愛ぶりでした



つまり



レラ姫はとても可愛いけれど我儘いっぱいのお姫さまに育ってしまったのです



我儘にいたずらに・・・彼女に使える周囲の従者達はいつも振り回されて大変でした



でも

姫様の笑顔とキス(姫様はキス魔で、気分がいいと誰かれ構わずキスをします・・・でもされるのは嫌い)で

周囲の者たちは、すっかり虜にされてしまっておりました



そんなレラ姫さまを中心に

常春の国のシュジュ王国は今日も平和な日々が過ぎて行きました



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



「あーヒマで退屈~! ドンヘ~今からお散歩に行ってくる~」



レラ姫は執事のドンヘに向かってそう言うと

さっさと外に出て行こうとします



「レラ姫・・・ちょっと待って下さい・・・今日はシウォン王子が姫さまに会いに来る予定なんです」



「私そんなの許可した覚えないもん!!!!どーせまた私の顔みてプロポーズするんでしょ・・・・

嫌だって言ってるのに・・・この間だって蹴っ飛ばしてやったのに懲りないんだからっ」



侍女のリョウクがその話を聞いてクスクス笑いながら

「レラ姫さま・・・あの脳天かかと落としは・・・凄かったですけど・・・」



「けど?何? リョウク~」



「蹴飛ばされた後のシウォン王子は・・・恍惚の表情で倒れてましたけど・・・」



その時の事を思い出したレラ姫は、ぶるっと身震いすると・・・・



「馬に会う前にさっさと逃げようっと・・・」

ドレスのすそを持ち上げて走って部屋から出て行ってしまいました



姫さま一人を外に出すわけにはいきません

その後を従者達はあわててワラワラと追いかけていきました・・・・・




「あー今日はすっごく天気いいわね~リョウク~」

レラ姫はごきげんです

スキップしながら進んでいきます・・・・そのあまりの速さに従者達もヘトヘトになってきました



「ドンヘ~あれ何?」



レラ姫は道の先の方の黒い塊を指さしていました



執事のドンヘと従者のウニョクがその塊の所まで行きました



「なんだこれ・・・死体?????腐乱してない????」

ウニョクは近くにあった棒を拾ってツンツンしてみました



ゴソッ・・・その塊は動きました



うぎゃ~



ドンヘとウニョクは驚いてその塊から逃げ出しました



「どうしたの?けがしてるの?・・・」



いつの間にかレラ姫が塊のそばまできていて・・あろうことか触ってます



「姫様・・・もしかして伝説の生き物の・・・龍・・・じゃないですか?」

レラ姫の横で侍女のリョウクが言いました



「ドラゴン?」

その姫の声に塊は反応して姫様を見ました



姫様もドラゴンの瞳を見つめました・・・そしてニコッとほほ笑むと・・・



「ドンヘ~連れて帰るから・・・私の部屋まで運んで・・・リョウク~帰るよ~」




えーっ

「ドンヘ執事~これ腐ってんじゃねぇ~?汚いよ~もってくの????」

「つべこべ言わずに姫様の部屋までもっていくんだよ・・・・・

持っていかなかったら・・・どうなると思う?」



レラ姫がヒステリーを起こすと大変です

もう誰も止めることができません・・・

最終手段として侍女のリョウクの作るお手製のケーキで機嫌を直してもらうまで

周囲はみんな生きた心地がしないほどです



ウニョクはその事を想像するとうんざりしながら

ドンヘと一緒に死にかけている龍をお城まで運んで行きました・・・・・




つづく
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/49-17032d3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。