上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宗文がソウル旅行からの帰りに

悪天候の中羽田着陸できずに房総半島の上を

ぐるぐる旋回していた時に妄想していた話です

待機中はもうガタガタすごく揺れて吐きそうになったのと

不安でドキドキしていたので

必死に楽しい話を妄想していました・・・・なのでコメディです



[恋するフライト SJ航空] 1


韓国でも1、2を争うチェ財閥の一人息子のチェ・シウォンは

ありあまる親の財産を生前分与されて事業をいくつか経営していた

ここにきてシウォンを溺愛していた祖父がなくなり

祖父の遺言により多数の孫の中からシウォンが祖父の企業を受け継ぐことになった


祖父は経済界をかなり前に引退していたが

慈善事業の一環として格安航空会社を作ろうとしていた

その道半ばで亡くなったために

シウォンがその志を受け継ぐ形となったのだった


自分はチャーター機に乗っての移動が多く

そろそろプライベート機が欲しいと思っていたので

航空会社の運営にシウォンは興味津々だったのだ


何もないところからのスタート

もちろん操縦士やCAを育てる時間もないために

航空機も操縦士も客室乗務員もすべて中古品で賄うことにして

年齢や見栄えは二の次にして

とにかく技術を重視しての採用で

なんとか最初のフライトまでこじつける事ができた


ソウルの金浦から日本の茨城空港まで

1日1往復 週に2便のみでスタートすることになった




「ハンギョン~♪ 久々のフライトだねぇ~ワクワクするね」

副操縦士のヒチョルが楽しそうに隣の男に声をかける

「ああ・・俺たちの事がばれてクビになって

どうなるかと思ったけど・・何とか拾ってもらえたな」


端正な顔だちのハンギョンと呼ばれた男性は

少し前まで大手航空会社の花形パイロットだった

腕も顔もいい操縦士だったのだが

副操縦士のヒチョルと並々ならぬ関係となってしまい

いまどき社内恋愛禁止の会社だったので2人して解雇となってしまった


副操縦士のヒチョルは女性と間違える位の美貌の持ち主で

ヒチョルに懸想をしていた男性社員も多々いたらしいとのうわさだった

いろいろあって2人は晴れて恋人同士となったのはいいが

職を失って困っていた時に

LCCに新規参加のSJ航空に採用されたのだった



「ねぇねぇミミヒョン・・・リボン曲がってない?」

「ん? リョウク大丈夫だよ・・今日も可愛いよ」

「ミミヒョン♪ シュジュ航空に採用されて良かったね~

ヨジャ用の制服着てもいいって言われたし~」

「まあ・・上だけだけどね・・さすがにスカートはダメっぽいよ」

リョウクとソンミンが2人で嬉しそうに制服を見せあっている

2人とも某航空会社で優秀な客室乗務員として働いていたが

どうしても心の中の乙女心を隠しきれずに

女性用の制服をこっそり着用したのがバレて

2人でひっそりと職場を辞めた

客室乗務員としてはものすごく優秀で

2倍3倍も働ける能力を持っていたために

優秀な人材の欲しいSJ航空にとって

女装くらいはどうって事なかったのだった



客室乗務員を束ねるチーフ長であるイトゥクは

あまりにもいろんな事情で中途採用されたメンバーを見て

最初の顔合わせの時に思わず頭を抱えたくなった

イトゥク自身も大手航空会社で勤務していたが

親交のあったシウォンから口説かれて

給料増額でSJ航空に移ってきたのだった


「まあ新人はいないから・・・

なんとか初フライトも無事にすみそうだし・・」

イトゥクはそう呟くとネクタイをキュっと締めなおして

「それにしても客室乗務員が全員・・・男っていうのも・・

働く側としては・・つまらないな・・・」

たまたまなのかシウォンの意図なのか・・・

イトゥクはため息をひとつつくと今日のフライトスケジュールを持って

ミーティングに向かうのだった

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/495-c017f9b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。