上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも遊びに来て下さる方々ありがとうございます

気づけばもうGWに入りましたね

4月の更新もたったの2回・・・ありゃ~ってもんです

昨日ひちょのウギョルでした

花びらさん大騒ぎのガチkiss(笑)でも動画で見る限り「仕事」そのものでしたけど

嫁さんの口紅が自分にべったりくっついておまぬけ状態で笑ったり

ひちょは絶対にスタッフを笑わそうとしている・・・そうに違いない

話かわりまして


夢を見ました・・・ハンチョルです・・もちろん創作の・・

一部のシーンだけ覚えていてその場面を説明するのに話を創り上げる・・・

そんな事がたまにあります

この話も夢でみたシーンから起こしたので

時代も場所も日本の昔って感じですが・・・とりあえず書いてみます




 [湖畔の囚われ人]


「逃げたぞ~待て~!!!!」

沢山の男衆に追われながらソンミンは山の中を逃げ回っていた

村の掟を破って外部の人間と契りをかわした彼は

カメラマンだったその人と村を逃げ出す予定だった


掟といっても大昔からの言い伝えだからと

気安く考えていたソンミンの目の前で

愛した男は村の男衆によって撲殺された・・・


怒りに満ち溢れた男衆に輪姦されそうになって

あわてて逃げ出してきたのだった

普段近づくことのない山の中まで逃げ込み

小さな祠のある崖までやってくる

崖の下は誰も近づくことのできない湖が広がっている

湖はとてもきれいな深緑色をしていて底がかなり深いことを暗示している

「見つけた!!!!こんな所にいるぞ」


崖の淵に追い詰められたソンミンは覚悟をきめる



(こんな野蛮な奴らに好き勝手させない

僕はあの人だけのものだから・・・

ごめんね・・キュヒョン・・今から僕も君の所に行くよ)

男衆の手を振り切ったソンミンは

ニッコリとほほ笑むと崖の上から湖にむかって身を投げた










「久々のお客さんだね」

「かわいそうに・・かなり辛そうな顔をしているよ」

リョウクとチョウミが部屋の中央に誂えた床に

ソンミンを寝かせる


「ヒチョル様・・・この人を助けてくれてありがとうございます」


ヒチョル様と呼ばれた人はとても悲しそうな瞳で遠くを見つめながら

「成り行きを見てたけど・・・ひどい奴らだよな・・・

リョウク達が怒るのも無理ないし・・・湖に飛び込んだからなんとか保護できたけど」

ぽつりとつぶやいた



ここは湖の底にあるヒチョルの館

この館の主は見目麗しい龍神だった

ヒチョルは天界で生活していたが

ヒチョルに懸想する輩の陰謀で人間界の湖に封印されてしまっていた

愛する人と引き裂かれたヒチョルは

あまりの悲しみの深さから自分の能力を封じ込められた時に

自分の記憶までも失ってしまった


湖の底で世話係のリョウクとチョウミと静かにくらしている


自分が統治しているという村の様子は洗番を通してみることができた

ヒチョルは村の人々の事など興味もなかったが

今日はリョウクとチョウミが憤慨しながらヒチョルの助けを乞うた

なのでソンミンの騒ぎは湖の底から見て知っていたのだった



ヒチョルはソンミンの額に手をかざして気を送る

ソンミンの瞳がぼんやりと開いた

「うわ~気が付いたよ~ねぇ大丈夫?」

リョウクが心配そうにのぞき込んで聞いてくる



「僕・・・死んだんじゃ・・ここは? 」

ソンミンが自分を取り囲むように見つめている人々を

伺うように見回しながら小さな声で呟いた



中国王朝時代をほうふつさせるような調度品に

古いけれども上品な感じの小奇麗な居間の中央に

寝かされている自分にソンミンは驚いた

そして心配そうに見つめる人の中に

ひときわ美しい人間離れをした美貌の人物を見つけ

あまりの美しさにぼんやりと見つめ続けてしまっている


「そうね~あなたは死んだと言えば死んだ事になるわね

ここは人間界とは違った場所なの・・あなたはヒチョル様に助けてもらったの」


背の高い綺麗な男性が優しい声でソンミンに伝える

「僕たちは人間じゃないの~人間の姿しているけどね~

ヒチョル様は神様だし~僕たちはその下部~

だからあなたもここに来た時点で人間じゃなくなってるんだ」

リョウクが暖かい飲み物をソンミンに手渡しながら言う


「神様って言ったって・・・この場所から出られない・・・

結界を破って外に出られない・・・能力も封印されているし

名前ばかりの神様だ・・・・」


ヒチョルが寂しそうにほほ笑んだ

そんなヒチョルの寂しさがソンミンの心に刺さった


「僕は・・・ここで何をすればいいのですか?」

ソンミンの問いかけにチョウミは優しくほほ笑む


「ヒチョル様の話し相手になってくれればいいわ」



ソンミンは湖の底の館で働く事になった・・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/508-da4bc9f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。