FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.28 Regeneration
前のブログにも書きましたが久々のハンチョル話です

創作ハンチョルです


[Regeneration] 1


「今日は夏至か・・・だからこんな時間まで明るいのか・・・」

ハンギョンは帰宅途中でなんとなく空を見上げて呟いた

ここ最近どうもついていない事ばかり自分の周囲に起きている・・・

付きあってほしいと言われて付き合い始めた彼女が

他にも付きあっている彼氏がいて、自分の方があっさり振られたり

自分の成績になるはずの企画が上司の手柄にされていたり


ハンギョンは性格が優しく人が良すぎるところがあった

その優しさに付け込まれて貧乏くじを引くことが多かった

しかしハンギョンは鈍感なのか生まれつきの性格なのか

付け込まれたという自覚はなく

また相手を憎んだり恨んだりすることはなかったので

今回のいろいろな出来事も「ついてない」で片づけてしまっている


「ちょっとそこのお兄さん・・・」

ぼんやりしながら歩いていると突然後ろから声をかけられた

「そこのハンサムなお兄さん!!!!あんただよ」

まさか自分じゃないだろう・・・と辺りをきょろきょろして

それが自分にかけられた声だと、ようやく気づいて振り向いた

「おれ?」

ハンギョンに声をかけたのは道端で営業しているような辻占い師だった

「あんた・・最近不幸な事ばかり起きているだろう・・ちょっと見てあげるよ」

「いえ・・・結構です」

占いに興味のないハンギョンが即断すると

「ちょ・・ちょっと待って・・今日は特別にタダで見てあげるから」

占い師は慌ててハンギョンを引き留めようとする

それでも歩き出そうとするハンギョンに

大きな声を出して制止させようとした

「お願いだから・・・ちょっと俺の話をきいて」

今にも泣きそうな占い師にハンギョンは同情の気持ちが涌いて

「タダならみて下さい」と占い師の向かい側に座った



占い師はハンギョンの周囲で最近起きている

『ついてないこと』を次々に言い当てた

「この本をサービスで差し上げましょう・・・

あなたの運が上昇しますよ」

そういうと

コピーしてホチキスで止めた

見るからに手作り感ありありの小冊子を渡した




ハンギョンは帰宅してシャワーを浴びてから

買ってきた惣菜をつまみにビールを一口飲んだ

「そういえば・・・さっき貰ったのって何だろう」

カバンの中からさっきの小冊子を出してパラパラとめくってみる


「悪魔の飼い方? なんだこの本は・・・」

悪魔の捕まえ方から始まって、

悪魔との取引の成功する秘訣とかが書かれていた


ふーん

ハンギョンはその中で悪魔の捕まえ方に興味をもった

「鏡を二枚用意して合わせ鏡にしましょう。

出来上がった鏡の通路を運が良ければ

夜中の2時頃に悪魔が通ります

鏡と鏡の隙間を通るときに聖書を使ってしっぽを挟みます

最初に失敗しても

一度通った通路は帰るためにまた悪魔が通ります

2回目の復路を狙いましょう」

「捕まえた悪魔は変装している事が多いので

聖書に挟んだしっぽを強く引くと元の姿にもどります

このページに挟まっているお札をしっぽに張り付ければ

悪魔はあなたに悪さをしたり逃げ出したりできなくなります」

「その捕まえた悪魔と取引をすれば

残りのあなたの人生はバラ色となることでしょう」



「へえ・・・面白そうだな・・・本当に悪魔っているのかな?」

残りの人生のバラ色とかには興味ないけど

本当に悪魔がいるのか知りたくてハンギョンは実践することにした
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/525-d203c38f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。