上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.08.07 Regeneration 8
[Regeneration ] 8

ヒチョルがハンギョンの元に居候状態になって一週間・・・

最初の約束の期限の日となった

ヒチョルはハンギョンの部屋で1人暇そうにテレビを見ていた



「あいつ・・・今日が期限だって分かってんのかな・・・」

毎日のようにヒチョルに暖かい食事を作って食べさせてくれるハンギョン

その姿は昔の牧師の時のものと全く同じだった

ヒチョルが美味しそうに食べるとニコニコしながら満足そうにしている



ハンギョンの魂は雑踏の中ですれ違った時に気が付いた

ヒョクチェを脅して協力させて回りくどい方法を使い

悪魔というキーワードを使ってみた

案の定ハンギョンは「悪魔」に興味をしめして鏡の回廊を創り上げ

後は自分が捕まる様に回廊を走り回ればよかった


捕まって・・・ヒチョルの計画通りに事は進んでいる・・・はずだった・・

だけど何故か悲しくて一人でいると涙が出てくる

あのハンギョンと今のハンギョンは魂が同じでもやはり別人なんだろうか・・・

そして・・・俺は何をしたいんだろう・・・・見つけることばかり考えてて

その後の事なんも考えてなかった・・・・


「ヒチョル~ただいま」

ハンギョンがいつものように食材の袋を手にしている

「お? その箱はなんだ?」

ヒチョルがハンギョンが抱えている箱をみて不思議そうに尋ねる

「ふふふ後でね」

2人で仲良くチゲ鍋を食べてながら

普通に今日の出来事を話すハンギョン・・・まるで長年一緒に暮らしているみたいに思えて

ヒチョルは思わず水を一口のんだ

「ヒチョルは何かあった?」

「べつになんもねぇよ・・・ずっと監禁状態だし・・・ドラマは最終回だったし」

ふてくされたように話すヒチョルを見つめてハンギョンは楽しそうにほほ笑む


どきん・・・・

まるであの時に戻ったようだ・・・ヒチョルの心臓がバクバクし始める

「それより・・・その箱ってなんだよ」

心臓のバクバクをハンギョンに気づかれないようにと口を開く

「これ? ケーキ」

「は?」

「今日が約束の期限日でしょ? ヒチョルの一週間お疲れ様って意味で」

「は? 」

「なんか分からないんだけど・・・ケーキ買いたくて・・・クリスマスケーキが買いたくて

でも今夏だからクリスマスケーキに似たの買ってきたんだ」


クリスマスケーキ・・・・・


あの日も残り物貰ったって・・・ケーキを一切れ見せてくれて・・・

ハンギョンと二人で半分ずつにして食べた・・・・

ヒチョルの瞳から涙が一筋ながれる

「ヒチョル・・・やっぱり・・・俺・・・ヒチョルを知っている」

「・・・・・・・」

「いつもヒチョルにごはん食べさせて・・・笑う顔が見たくて・・・

ヒチョルの笑顔をみるためなら何でも出来そうな気がしていた・・・」

ヒチョルが顔をあげてハンギョンを見つめると

ハンギョンは少し困った顔をしてヒチョルの頬を伝う涙を指先で拭った

「俺の望み決まったよ」

ヒチョルは黙って聞いている

「ヒチョルの恋人にしてください」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/535-e73fc83c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。