上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.20 告白
【告白】


ハンギョンは映画の撮影で撮影所にいた

今回は端役だったが、キーポイントとなる役がらだったので

それなりに作り込んで作品に臨んでいた

自分の出番は全て終了したが先輩達の演技を参考に見るために

撮影所に残っていた


「ハンクン・・・お母さんが倒れたそうだ・・」

マネージャーがハンギョンの耳元で囁く

「え?」

「弟さんから電話があって救急車で運ばれたらしい・・でも意識はあるそうだ」

救急車という単語にドキリとしたが「意識がある」という事でホッとする


「今監督に話したから・・・すぐに病院に行こう」


まだ撮影が残っている出演者とスタッフに丁寧に挨拶をすると

マネージャーの運転する車に飛び乗ってハンギョンは病院に向かった・・・






「母さん!!!!!!!!」

病室の扉をあけると点滴を受けて寝ている母親がいた

側には父親と弟もいる

「母さん・・・大丈夫なの?」ハンギョンは息を切らしながら父親に向かって尋ねた

すると


「やーねぇ・・・ちょっと過労で倒れた位でこの騒ぎ・・恥ずかしいわ」

ベットの中で母親が恥ずかしそうに答えた

ハンギョンは張り詰めていた気持ちがプツッとキレて・・・その場に座り込んでしまった

「とにかく良かった・・・」ハンギョンは泣き笑いの顔をしている・・・


「撮影の方はどうなんだ?」父親が心配そうに尋ねてきたので

「もう自分の出番は終わったから・・・明日もオフなんだ・・・」とハンギョンが答える


「久々だから今日は俺がここに泊るよ・・・たまには親孝行しないとね」

ハンギョンの言葉に母親は嬉しそうに笑った

「じゃあ私達は家に帰るから・・・明日には母さんも退院できるらしいぞ・・

明日私が迎えにくるまで・・・久々に親子水入らずで過ごすのもありだろう・・・」

父親と弟が笑顔で帰って行った

その様子を見て母親の病状が大した事じゃないとホッとする


ベットで寝ている母親と久しぶりに二人きりになって

ハンギョンは何を話したらいいのか悩みながら

映画撮影の話などをポツリポツリと話はじめた・・・・


母親はニコニコしながら話を聞いている




いつもそうだった・・・大人しくて控え目で働き者の母さん・・・

ハンギョンの稼ぎでオープンした餃子店が繁盛して

次々に支店を出すことになり・・・無理がたたって過労で倒れたようだ


「そう言えばあなたの幼馴染のウェンリー覚えてる?」

「俺・・小学校以来会ってないけど・・・元気なの?」

「この間結婚してね・・・今度パパになるんですって」

30歳近くなると幼馴染や学生時代の友人の結婚、出産の話は聞こえてくる・・・・

ハンギョンはなんて答えていいのか分からず・・・しばらく沈黙が流れる・・・


「あなたは・・・予定はないの? こんな世界で仕事していると婚期が遅れるのは仕方ないけど」


ああああああ・・・・ハンギョンの胸がズキズキと痛む・・・

やはり母さんには伝えないとダメだよな・・・・


「母さん・・・・ゴメン・・・」

「ん? 何謝るのよ・・・」母親は微笑みながらハンギョンの方を向いた

ハンギョンは母親の手を握ると真剣な顔で話し始める・・・

「母さん・・・俺・・・母さんに孫の顔を見せる事は出来ないんだ」

「・・・・・・・・・」

「俺・・・結婚して一生を共にしたい位 愛する人はいるんだけど・・・

孫は生まれないんだ・・・・」


母親はハンギョンの顔を見てクスっと笑うと・・・

「やはりそうなのね・・・・ヒチョルくんなんでしょ」

「え?」

「あなたが愛している相手って・・・・ヒチョル君なんでしょ」


ハンギョンがビックリして母親の顔を見つめる・・・


「私は何年あなたのお母さんやってると思ってるの?

あなたの考えなんか・・・ぜーんぶお見通しよ」


「最初に帰省した時に・・・初めてできた韓国の友人がヒチョルくんだって

すごく嬉しそうに話ししてたわよね・・・・・

それ以来帰省するたびに出てくる名前は「ヒチョル」・・・ばかり・・」


ハンギョンは自分がそんなにヒチョルの話をしていた自覚がなかったので

改めて言われると恥ずかしくて顔が赤くなる


「初めて南京のコンサートの時に会ってご飯食べた時に・・・

あなたのヒチョル君を見つめる目と

ヒチョルくんがあなたを見つめる目を見て・・・友達以上の思いを持ってるって

直感したわね・・・・」


「母さん・・・・」


母親はハンギョンを優しく抱きしめると

「私はあなたが幸せになれればいいの・・・

あなたの幸せにはヒチョル君が必要なんでしょ?

母親ってね・・・子供が幸せな顔で笑ってる姿が好きなの

あなたがヒチョル君を見つめて微笑む顔・・・・初めて見たわ

今までには私達には見せた事のない笑顔だった・・・・」


「母さん・・・・」

「これからいろんな事があるかも知れないけれど

ヒチョル君の手を離しちゃだめよ・・・・私達は大丈夫だから・・・

裁判取り下げたのも・・・ヒチョル君がいたからでしょ・・・」


ハンギョンは母親の胸に抱かれて小さい子供に戻ったように

安心感に包まれていた



そう・・・これから沢山の難題が俺達の前に立ちふさがっているだろう・・・

でも俺は負けない・・・・ヒチョル・・・お前の手を二度と離さない・・・・

絶対に2人で幸せになろうな・・・・


ハンギョンは母親に自分の気持ちを告白したことで

気分的にもすっきりした


「母さん・・・ヒチョルの事・・話してもいい?」

母親はニッコリと微笑むとハンギョンの頭をなでながら・・・

「おのろけ話かしら・・・一晩中つきあってあげるわ」


小さい子供に戻ったように、ハンギョンはいつまでも母親に話を続けるのだった








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/57-d8a92598

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。