上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ボム事件その後】1


バレンタインディから始まった一連のボム事件も

ヌルパラン高校のドンヘを最後に被害者が出ず

あれだけ騒がれたにも関わらず生徒達の記憶から薄れ去られて行った

そして

つまらない日常が繰り返される学園生活が続く・・・・・・





「ドンヘ~!!!!!」

教室でキボムと雑談しているドンヘの所へ

シンドンが息を切らせながら飛び込んできた


「シンドン? 何そんなに息切らせて・・・」

シンドンは深呼吸をして息を整えると

周囲を見回しながらヒソヒソと呟く

「いったぞ・・・とうとう大台に乗った」

「え? マジ? 100人め?」

ドンヘは興味津津の顔でシンドンを見つめる

「何? どうしたの? 俺に分かるように説明してよ」

キボムも興味津々でシンドンを見つめる


「ヒチョルがとうとう100人目達成~」

話が分からないキボムは「なにが100人目なんだよ」と突っ込む

「振られた数が100人目なんだよ~」と嬉しそうにシンドンが答えた


「え? ちょっと待て・・・あいつそんなに振られてるのか?」


ヌルパラン高校のダンスグループ「ウルトラジュニア」のリーダーのヒチョルは

近隣の学校でも有名で芸能事務所からスカウトされたという噂のある「超イケメン」だった

いろんな学校に芸能人なみのファンクラブもあり、それなりにモテモテで

付き合ってほしいと言い寄る女の子は星の数ほどいる・・・という話だった

キボムはそれらの情報を思い出して首をかしげながら

「あいつ・・ナル入ってるけど性格はそんな悪くないし・・・なんでそんなに振られるの?」

「振られる理由はいつも同じなんだよ」

ドンヘはもったいぶって人差し指を鼻にあてながらキボムの方を向いて・・・


「美しすぎるから」と呟いた

え?

ヒチョルは昔から女性顔負けの美貌を誇っていた

なので言い寄ってくる女性はそれなりに自分に自信のある子ばかりで

並みの子達はファンクラブを作って満足をしている

そんな容姿に自信ある女の子がいざ付き合って見ると

自分よりも美しい顔が隣にいて、それも女性の自分よりも美しいのが男だという事に

ストレスを感じ・・・耐えきれなくなって、別れ話を持ち出す・・・・・


その話を聞いたキボムは「可哀そうに・・・100人・・・か」

そのキボムの様子を見てドンヘとシンドンも

「たしかに・・・100人続くと・・傷つくよな・・・」と呟いた

「今回は・・・ミス・コサン高校だったけど・・・3日しか持たなかったな」

「男は『美しさ』は邪魔になるだけなんだな・・・」キボムは空を仰ぎながら呟いた
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soubun485.blog119.fc2.com/tb.php/69-40e820e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。